新幹線工事の現場見学[型枠大工研修生](平成30年7月19日)

このページを印刷する

平成30年7月19日(木曜日)、一般財団法人建設業振興基金長崎拠点事務所による「建設ものづくりコース(型枠大工)」を受講している研修生が、職業訓練の一環として、新幹線工事現場で実際の型枠工事について見学を行いました。

見学を行ったのは、大村市の「新大村駅高架橋他工事」です。

研修生の方々は、現場担当者から新大村駅高架橋の工区概要について説明を受けた後、橋脚の施工に使用される鋼製型枠や、高架橋の上部で組み立てられた木製型枠を見学したり、実際にクレーンで型枠を下ろす作業を見学したりしました。また、型枠大工の仕事の成果である、完成したコンクリート構造物を熱心に観察していました。

 

 見学の様子(新大村駅高架橋)  見学の様子(新大村駅高架橋)
【見学の様子(新大村駅高架橋)】 【見学の様子(新大村駅高架橋)】

 

このページの掲載元

  • 新幹線事業対策室
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎市尾上町3番1号 6階
  • 電話番号 095-894-3131
  • ファックス番号 095-894-3486