長崎県

九州・山口地域づくり人材ネット

九州・山口地域づくり人材ネットとは

九州地域戦略会議(平成27年10月開催)でとりまとめられた「九州創生アクションプラン(JEWELSプラン)」に基づき、九州・山口各県が連携して取り組む地域(集落)の維持・活性化を図るための外部アドバイザー派遣制度です。

九州地域戦略会議(令和元年11月6日)においてとりまとめられた「第2期九州創生アクションプラン(JEWELS+)」においても、「地域活力づくりPT」の中で、「小さな拠点とネットワークコミュニティ構築に向けた担い手確保プロジェクト」に取り組み、地域(集落)の維持・活性化を図っています。

地域(集落)の維持・活性化においては、人口減少や少子高齢化の影響による地域活動の担い手となる人材不足が課題です。
そこで、地域活性化に必要な資源として挙げられる「人材」に注目し、九州・山口各県が積極的に地域活性化人材の掘り起こし等を行いながら、人材情報を共有するとともに、県を越えて派遣しあうネットワークを構築し、持続的に発展する地域(集落)づくりを推進しています。

アドバイザー派遣制度の概要[PDFファイル/264KB]

 長崎県の人材ネット登録リスト(令和3年3月末現在)25名

九州・山口地域づくり人材ネット登録リスト[PDFファイル/320KB]

 九州・山口各県の地域づくり人材ネット

九州地方知事会HP地方創生(安心安全な暮らしづくりPT)のページ

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー