長崎県

台風19号の被災地での災害ボランティアセンターの設置状況と交通費等助成


2019年10月16日更新

1.全国の災害ボランティアセンターの設置状況

このたびの台風によりお亡くなりになられた方々並びにご遺族の皆様に心から哀悼の意を表しますとともに、負傷され、また被害を受けられた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

全国の災害ボランティアセンターの設置状況などの情報は、こちらをご覧ください。

全国社会福祉協議会ホームページ

 

2.県民ボランティア振興基金による災害ボランティア交通費等助成事業

公益財団法人県民ボランティア振興基金では、県民の皆様が災害で大きな被害を受けた地域においてボランティア活動を行う場合、現地までの交通費等(バス、レンタカー、マイカー及び公共交通機関)について助成しています。

 台風19号の被災地において、ボランティア活動をご検討中の皆さま、是非ご利用ください。

なお、ボランティア活動を行う場合は、必ず、現地の災害ボランティアセンターの設置状況やボランティア募集の範囲などをご確認ください。

 

(1)助成対象者(次のいずれかに該当する団体)

○長崎県内に主たる事務所を置く非営利団体

○長崎県民(中学生以下の者を除く。)で構成する一定人数規模以上のグループ

○長崎県内の市町

 

(2)助成要件

○ボランティアの受入先となる災害ボランティアセンター、社会福祉協議会又は自治体の証明があること。

○自己責任・自己完結を徹底し、被災地での調整は自らの責任で行うこと。

○参加者が4名(貸切バスの場合は18名)以上であること。

○参加者全員がボランティア活動保険に加入すること。

○災害ボランティア活動が実働2日以上であること。

 

(3)その他

・詳しくは、公益財団法人県民ボランティア振興基金の事務局へお尋ねください。

・電話番号:095-827-7616(受付時間:9時から17時15分まで) 担当:松本、林田

・ファクシミリ:095-895-2564

・こちらのホームページもご覧ください。

災害ボランティア交通費等助成について

このページの掲載元

  • 県民協働課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2310
  • ファクシミリ:095-895-2564
先頭に戻る

メニュー