行政職員向け協働研修について

このページを印刷する

人口減少や高齢化の進展に伴い、今後ますます、県民ニーズは多様化・細分化し、行政のみでカバーすることは
困難を極めるため、県民生活環境課では、多様化する県民・市民ニーズを解決する手法として、多様な主体との
「連携・協働」の推進を図っています。

行政職員に「連携・協働」の有用性・必要性を認識してもらい、これらの意識を醸成することを目的として、
自治体が抱える課題に「連携・協働」がどのように役立つかを具体的にイメージできるテーマ別・分野別の
行政職員向け協働研修を実施しています。

県職員向け協働研修

協働研修は、行政課題の解決に資するテーマを設定し、テーマに沿った活動を行っているNPOに実際の活動を発表してもらい、
その後、「協働」の事例や手法について学習する内容としております。

 令和3年度実施状況

 令和3年度は、一部、オンライン開催を導入するとともに、市町職員の参加も呼び掛けて実施しました。

開催日 対象職員 テーマ 講師/事例発表者 人数

8月30日

(オンライン)

管理職等 職員

 

健康・体力・楽しみづくりの地域スポーツコミュニティ振興事業~人とのつながりで地域力アップへ~

長崎大学経済学部 山口 純哉 氏

(特)長崎ウェルネススポーツ研究センター

       理事 江頭 郁子 氏

32    人

(5)

8月31日

(オンライン)

島原振興局職員

全ては子供達の未来のために。蒼ノ扉からつながる「ソーシャルグッド」協働の連鎖

長崎大学経済学部 山口 純哉 氏

NPO法人 アオノトビラ 理事長 濱田 純子氏

38人

(11)

9月2日

(オンライン)

こども政策局職員

切れ目のない子育て支援 遊びで広がる地域のつながり

長崎大学経済学部 山口 純哉 氏

(一社)トムテのおもちゃ箱

    代表理事 高野 幸恵 氏

28人

(7)

10月26日

午前(対面)

県民生活環境部職員 学生×地域のつながりで海の環境を守る

長崎大学経済学部 山口 純哉 氏

ながさき海援隊 代表 山里 舞 氏、田中 智 氏 

34人

10月26日

午後(対面)

管理職等 職員

HASAMIから拡げよう!

~スポーツによる地域活性の取組み~

長崎大学経済学部 山口 純哉 氏

(特)ALH  理事長 笹山 敏夫 氏

31人

10月28日

(オンライン)

五島振興局職員 健康・体力・楽しみづくりの地域スポーツコミュニティ振興事業~人とのつながりで地域力アップへ~

長崎大学経済学部 山口 純哉 氏

(特)長崎ウェルネススポーツ研究センター

   理事 江頭 郁子 氏

28人

(13)

                                                                                       ()は内数で市町職員

 令和2年度実施状況

開催日 対象職員 テーマ 講師/事例発表者 人数
8月24日 農林部職員 「地域住民や企業、学生等を巻き込んだ森林・農山村集落づくり」 長崎大学経済学部 准教授 山口 純哉 氏
(特)地域循環研究所
   理事長 山口 龍虎 氏
20人
9月1日

管理職等

職員

「くうじとくうじを取り巻くまちを元気に」
~NPO法人神代小路ネットワークの発足について~
長崎大学経済学部 准教授 山口 純哉 氏
 (特)神代小路ネットワーク
    理事長 佐藤 浩孝 氏
28人
9月4日 水産部職員 「子どもたちに残したい漁村集落」 長崎大学経済学部 准教授 山口 純哉 氏
長崎県漁協女性部連合会
         会長 荒木 直子 氏
28人
11月13日

県央振興局 職員

「健康・体力・楽しみづくりの地域スポーツコミュニティ振興事業」
~人とのつながりで地域力アップへ~
長崎大学経済学部 准教授 山口 純哉 氏
 (特)長崎ウェルネススポーツ研究センター 
         理事 江頭 郁子 氏
27人
11月16日

県北振興局 

職員

「笑顔で楽しい地域づくりを目指して」 長崎大学経済学部 准教授 山口 純哉 氏
 (特)ひらど海てらす
    理事長 小堀 由加利 氏
47人
12月25日

管理職等

職員

「長崎から新しい福祉のカタチ“アート×福祉”を発信!」 長崎大学経済学部 准教授 山口 純哉 氏
 (特)TSUNAGU FAMILY
    理事長 城島 薫 氏
27人

県・市町NPO・協働担当者研修会

研修会では、「協働」の事例や手法について学習した後、参加者同士のグループワークやテーマに沿った活動を行うNPOからの事例を発表してもらう内容としております。

  令和3年度実施状況

  • 開催日時  令和3年11月10日 10時から12時まで
  • 開催方法  県庁3階308会議室
  • 参加者数  市町・県職員22名 
  • 内容    

 《講 義》
  テーマ:失敗から学ぶ市民協働との向き合い方
  講 師:長崎大学経済学部 准教授 山口 純哉 氏

 《グループワーク》
  テーマ:より良い市民との関係をつくるために!                                                                           
  内 容:あらゆる場面において市民と関わる際に発生している(しうる)問題・不安を共有し、それらの解決策を考える。
  結 果:参加者を4グループに分け、グループ内でテーマや内容に沿った議論を実施。若返り、マッチング、移住者の地域への巻き込み、
        若者などのキーワードやいかに居場所をつくるかが大事などの意見が出された。

 令和2年度開催状況

  • 開催日時 令和3年3月15日 13時30分から15時30分まで
  • 開催方法 県庁1階大会議室A(対面)、オンライン(ハイブリッド方式)
  • 参加者数 市町・県職員19名
  • テーマ   地域コミュニティ維持に向けた行政、地縁組織、NPOの協働の必要性と役割について
  • 内容

  《第1部》
   講義:市民協働の必要性と心構え
   講師:長崎大学経済学部 准教授 山口 純哉 氏

  《第2部》
   行政、地縁組織、NPOの協働の役割について
   事例発表者:【行 政】  長崎市中央総合事務所総務課 課長補佐 中村 雅博 氏
            【地縁組織】波佐見町小樽郷自治会 副会長 小林 善輝 氏
            【NPO】   特定非営利活動法人 長崎ウェルネススポーツ研究センター 理事 江頭 郁子 氏

このページの掲載元

  • 県民生活環境課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2310
  • ファックス番号 095-895-2564