長崎県

県庁エコオフィスプラン(第三次温暖化対策実行計画)

 概要

 地球温暖化対策推進法に基づき、平成12年に県の事務・事業に係る「第一次長崎県温暖化対策実行計画」、平成17年に「県庁エコオフィスプラン(第二次長崎県温暖化対策実行計画)」を策定し、温室効果ガスの排出の抑制に努めてきたところですが、この計画期間が終了したことから平成23年に「第三次県庁エコオフィスプラン」を策定しました。

項目別削減目標

項目(単位) 

基準年度(平成21年度)の量      

削減率  

目標年度(平成27年度)の量

二酸化炭素排出量  56,697トン  10%  51,027トン 
  うち、電気の使用に伴う排出量 26,548トン  10% 23,893トン 
  うち、燃料の使用に伴う排出量  30,149トン  10% 27,134トン 
コピー用紙使用量 124,404千枚  ±0%  124,404千枚 
廃棄物発生量 1,816トン  27% 1,326トン 
再資源化率 47.8%   60%  

 

具体的な取り組み

 上記目標を達成するため、以下の取組などを実施します。

(1)全般的に共通する取り組み

  • エネルギーの使用の合理化に関する法律及び県庁環境マネジメントシステム(県庁EMS)の取組徹底

(2)電気・燃料使用量の削減

  • 昼休みの消灯や未使用時のオフィス機器の節電等のエコオフィス活動
  • エコドライブの推進
  • クールビズやウォームビズの励行
  • 電力・燃料使用機器の省エネタイプへの更新
  • 太陽光発電など再生可能エネルギー導入の検討、推進

(3)省資源の徹底

  • 両面印刷、裏紙使用、職員による「マイはし」「マイボトル」運動などのエコオフィス活動
  • 環境物品調達方針の遵守
  • 電子決裁システムなど県庁LANの活用によるペーパーレス化
  • 物品めぐりあいシステムの活用による物品の再利用

  


 

  全文(第三次県庁エコオフィスプラン[PDFファイル/166KB]       

このページの掲載元

  • 環境政策課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2351
  • ファクシミリ:095-895-2566
先頭に戻る

メニュー