長崎県

エコドライブ&エコカー普及事業

エコドライブの普及

長崎県では地球温暖化対策の推進のため、「エコドライブ」の普及に取り組んでいます。

「エコドライブ」を実践すると、自動車の燃費の改善、二酸化炭素排出量の削減につながり、

お財布にも、環境にもやさしいというメリットがあります。

ぜひ「エコドライブ」を実践しましょう!

エコドライブ10のすすめ

警察庁、経済産業省、国土交通省、環境省で構成するエコドライブ普及連絡会では、

エコドライブを実践するドライバーのために、参考となる運転技術等を次の10項目にまとめて

「エコドライブ10のすすめ」として策定しています。

※特に1~3の取組が重要ですので、ぜひ実践してみてください。

 

1 ふんわりアクセル「eスタート」

発進するときは、穏やかにアクセルを踏んで発進しましょう。

(最初の5秒で、時速20キロメートル程度が目安です)

<やさしい発進を心がけるだけで、10%程度燃費が改善します。>

 2 車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転

走行中は、一定の速度で走ることを心がけましょう。

<車間距離が短くなると、ムダな加速・減速の機会が多くなり、市街地では2%程度、郊外では6%程度も燃費が悪化します。>

 3 減速時は早めにアクセルを離そう

信号が変わるなど停止することがわかったら、早めにアクセルから足を離しましょう。

<エンジンブレーキが作動し、2%程度燃費が改善します。>

 4 エアコンの使用は適切に

車のエアコン(A/C)は車内を冷却・除湿する機能です。暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをオフにしましょう。

<車内の温度設定を外気と同じ25度に設定した場合、エアコンスイッチをオンにしたままだと12%程度燃費が悪化します。>

 5 ムダなアイドリングはやめよう

待ち合わせや荷物の積み下ろしなどによる駐停車の際は、アイドリングはやめましょう。

(交差点で自らエンジンを止める手動アイドリングストップは、安全性に問題があるため注意しましょう。)

<10分間のアイドリング(エアコンオフの場合)で、130cc程度の燃料を消費します。>

6 渋滞を避け、余裕をもって出発しよう

出かける前に、渋滞・交通規制などの道路交通情報や、地図・カーナビなどを活用して、

行き先やルートをあらかじめ確認し、時間に余裕をもって出発しましょう。

<1時間のドライブで道に迷い、10分間余計に走行すると17%程度燃料消費量が増加します。>

7 タイヤの空気圧から始める点検・整備

タイヤの空気圧チェックを習慣づけましょう。

<タイヤの空気圧が適正値より不足すると、市街地で2%程度、郊外で4%程度燃費が悪化します。(適正値より50キロヘクトパスカル(0.5キログラム/平方センチメートル)不足した場合)>

 8 不要な荷物はおろそう

運ぶ必要のない荷物は車からおろしましょう。

<100キログラムの荷物を載せて走ると、3%程度も燃費が悪化します。>

9  走行の妨げとなる駐車はやめよう

迷惑駐車はやめましょう。

<交通の妨げになる場所での駐車は、渋滞をもたらし、他の車の燃費を悪化させるばかりか、交通事故の原因にもなります。>

10 自分の燃費を把握しよう

自分の車の燃費を把握することを習慣にしましょう。

<日々の燃費を把握すると、自分のエコドライブ効果が実感できます。>

エコシート エコドライブ編へリン(外部サイトへ移動します)

エコドライバープロジェクト公式ウェブサイトへリンク(外部サイトへ移動します)

このページの掲載元

  • 環境政策課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2351
  • ファクシミリ:095-895-2566
先頭に戻る

メニュー