長崎県

長崎県食品ロス削減推進協議会

1.概要

事業者による過剰在庫・返品や外食・家庭での食べ残しなど、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」の量は年間約612万トン(平成29年度農林水産省推計)にものぼり、国民1人1日当たりの「食品ロス」の量は、約132gと茶碗1杯分のご飯の量に相当します。

長崎県では、事業者、県民、関係団体及び行政が一体となって、食品廃棄物の排出抑制・減量化を進めるため、食品ロス削減の実践活動を推進することを目的とする協議会を平成29年11月22日に設置しました。

2.協議会要綱及び構成員

長崎県食品ロス削減推進協議会設置要綱[PDFファイル/133KB]

3.平成29年度第1回長崎県食品ロス削減推進協議会の開催について

平成29年度第1回目の食品ロス削減推進協議会を平成29年11月22日に開催しました。

 会議の中では、協議会として取組んでいく方向性や協議会設置要綱、構成員について決定したほか、現在の長崎県の取組み状況の紹介や他自治体の取組み事例を踏まえた食品ロス削減推進啓発資材の作成について協議を行いました。

 

 

このページの掲載元

  • 資源循環推進課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2373
  • ファクシミリ:095-824-4781
先頭に戻る

メニュー