新型コロナウイルス感染症(ペット関連情報)

このページを印刷する

新型コロナウイルス感染症について

  • 新型コロナウイルス感染症の主な感染経路は、人⇔人での飛沫感染と接触感染であると考えられています。

  • 現時点では、感染したヒトからペットに感染する事例は海外で数例確認されていますが、ペットから人に感染する(ペットが感染源になる)可能性は低いとされています。

  • 新型コロナウイルス感染症に限らず、動物由来感染症を防止するため、ペットと接する際は過度な接触は避け、接触後に手洗いをするなどの一般的な衛生管理を徹底しましょう。

飼い主の方が感染し、ペットを預ける場合の対応

  • 新型コロナウイルス対策に限らず、災害など万が一のことを想定した対策を、常日頃から想定しておきましょう。

  • 家族、知人など預かっていただける人と、ペットについて事前に相談しておきましょう。

  • どうしても預け先が確保できない場合は、かかりつけの獣医師や管轄の保健所に連絡しましょう。

ペットを預かる場合の対応

  • 預かる際は、感染した人と直接接触しない方法を取りましょう。

  • 必要に応じて、近隣の方などへ説明をしておきましょう。

それぞれの場合の詳細について

ペットを預ける・預かる場合の対応について(別ページへ移動します)

このページの掲載元

  • 生活衛生課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2363,095-895-2364
  • ファックス番号 095-824-4780