長崎県

平成28年度当初予算(案)の概要


2016年2月15日更新

 予算編成の基本方針

 国においては、「一億総活躍社会の実現」に向けて、経済、子育て支援、社会保障の新・三本の矢の政策に重点的に取り組むとともに、地方創生についても、多様な支援策を講ずることにより深化させていくこととされており、今後、地域間競争が本格化していくものと考えております。

 本県としては、国の「一億総活躍社会の実現に向けて緊急に実施すべき対策」及び「総合的なTPP関連政策大綱」に対応するための平成27年度2月補正予算(経済対策)と平成28年度当初予算を一体的に編成することとし、地方創生推進のため、創意工夫を活かした施策を積極的に展開することとしております。

 特に、来年度は、「長崎県総合計画 チャレンジ2020」の初年度で、厳しい財政状況の中、選択と集中により、県勢の発展に必要な施策に予算の重点化を図りつつ、県民の皆様が住みなれた地域で、将来に向けて夢や希望を持って暮らせる「人・産業・地域が輝くたくましい長崎県づくり」の実現に向けて、全力をあげて取り組んでまいります。

 平成28年度の重点戦略として、全国よりも進行している人口減少など、本県の構造的な課題に対して、地方創生に関する交付金をはじめ国の制度を最大限活用しつつ、新たな視点や発想を積極的に取り入れながら、「長崎県総合計画 チャレンジ2020」並びに「長崎県まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる施策を力強く展開してまいります。

行財政改革への取組と基金の取崩し

 本県は、県税などの自主財源に乏しく、歳入の多くを地方交付税や国庫支出金に依存しております。

 平成28年度は、県税収入は増加するものの、税収の伸びは全国ほど見込めないことに加えて、社会保障関係費の増加などにより、引き続き厳しい財政状況となっております。

 こうした中、持続可能な財政運営を目指して、平成28年度から、「長崎県行財政改革推進プラン(案)」において、平成27年度から実施している「さらなる収支改善対策」の歳入・歳出両面からの拡充に取り組むことにより財源不足額を圧縮したほか、なお不足する財源については、基金取崩しによって補てんいたしました。

予算概要資料 

主な事業(概要版)

 主な計上事業一覧

 

このページの掲載元

  • 財政課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3‐1
  • 電話:095-895-2171
  • ファクシミリ:095-895-2552
先頭に戻る

メニュー