衆議院議員総選挙について

このページを印刷する

衆議院議員総選挙の概要

  • 衆議院議員総選挙は、衆議院議員の全員を選ぶために行われる選挙です。
  • 小選挙区選挙と比例代表選挙が同じ投票日に行われます。
  • 衆議院の任期満了である4年に1回、または衆議院の解散によって行われます。
  • 衆議院議員の定数は全国で465人で、うち289人が小選挙区選出議員、176人が比例代表選出議員です。
  • 本県の小選挙区選挙は4つの選挙区で行われ、各選挙区において改選される定数は1です。
  • 本県の比例代表選挙は九州ブロックで行われ、改選される定数は20です。

最高裁判所裁判官国民審査の概要

  • 現在の最高裁判所の裁判官が、その職責にふさわしい者かどうかを国民が審査する解職の制度です。
  • 最高裁判所裁判官国民審査は、衆議院総選挙の投票日に行われます。
  • 最高裁判所の裁判官は、任命後に初めて行われる衆議院議員総選挙で国民審査を受け、この国民審査から10年を経過した後に行われる衆議院議員総選挙でさらに審査を受けます。(以降も同様)

投票の方法

小選挙区選挙

  • 「あさぎ色」の投票用紙に「候補者名」を記載します。

比例代表選挙

  •  「ピンク色」の投票用紙に「政党名」を記載します。

国民審査

  • 投票用紙の色は「うぐいす色」です。
  • 「やめさせた方がよい」と思う裁判官については、氏名の上の欄に「×」を

「やめさせなくてよい」と思う裁判官については、「何も書かない」でください。

投票用紙の見分け方

  • 投票用紙には、小選挙区選挙用、比例代表選挙用、国民審査用の3種類があり、紙の色が異なります。
  • また、投票用紙の区別を分かりやすくするために、小選挙区選挙用には「小」、比例代表選挙用には「比」のマークを記載しています。
  • 投票用紙を間違えないようにご注意ください。 
 選挙の種類 投票用紙の色 マーク
小選挙区 あさぎ
比例代表 ピンク
国民審査 うぐいす なし

当選人の決まり方

小選挙区選挙

  • 各選挙区ごとに、得票数の最も多い候補者が当選します。

比例代表選挙

  • 政党等の総得票数に応じて各政党等の当選人の数が決まります。(ドント式)

国民審査

  • 「×」が記載された票が、何も記載されていない票の票数を超えた場合、その裁判官は罷免されます。

もっと詳しく知りたい場合

このページの掲載元

  • 選挙管理委員会書記室
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2137
  • ファックス番号 095-823-4166