SaturdayChatBox11月18日「長崎和牛を食べよう!」

このページを印刷する

放送日

  • 令和5月11月18日(土曜日)12時から12時30分

テーマ

  • 長崎和牛を食べよう!

出演者

  • 県の農産加工流通課 田中 周(たなか しゅう)

ポイント

  • 長崎和牛のブランド推進に向けた取り組みや長崎和牛指定店について紹介する。

内容

長崎和牛とは

  • 長崎和牛とは、長崎県で肥育を目的として生産された和牛の総称。恵まれた自然環境の中で1頭1頭が丹精と愛情を込めて生産されている。

  • 長崎県では2022年時点で2,180戸の生産者が72,700頭(肥育、繁殖含む)の和牛を飼養している。

  • 年間で1万頭以上が長崎和牛として出荷されている。

  • 長崎和牛は肉本来のうまみを持つ赤身と、まろやかな味わいの脂身のバランスが絶妙。

  • 2012年に和牛のオリンピックである「全国和牛能力共進会」が長崎県で開催され、「肉牛の部」で日本一にあたる「内閣総理大臣賞」を受賞。

  • 2017年においては、特別賞(交雑脂肪の形状賞)を受賞し、2大会連続の上位入賞となり、「長崎和牛」の品質の高さが改めて証明された。

長崎和牛の購入・食事について

  • 長崎和牛は全国の長崎和牛指定店でお買い求めいただける。

  • 長崎和牛指定店とは長崎和牛を恒常的に取り扱っている店舗(量販店、料飲、ホテル・旅館、卸売業者)

  • 県内外、世界に414店舗の指定店(県内257店舗、県外140店舗、海外17店舗)が存在している。

  • 指定店の詳細は長崎和牛銘柄推進協議会のウェブサイトに掲載している。

  • オンライン販売に対応している指定店もあるため、近くに指定店が無くても、長崎和牛をお気軽にお求めいただける。

長崎和牛のPRについて

  • 生産者、農業団体、流通業者、県などで構成する「長崎和牛銘柄推進協議会」が長崎和牛PRに取り組んでいる。

主な活動内容
長崎和牛の各種PR素材の制作・配布
  • 長崎和牛指定店で活用する各種パンフレットなどを制作し配布している。
長崎和牛の各種PR事業
  • 長崎和牛の認知度を高めるために、各種イベントの実施・協賛、県内外における看板設置などを実施している。
長崎和牛の消費拡大の取り組み
  • 長崎和牛指定店の協力により消費拡大キャンペーンなどの販売促進活動を実施している。新たな販路確保のために輸出促進の取り組みも実施している。
長崎和牛指定店の認定
  • 長崎和牛を常時取り扱っていただいている販売店、飲食店、卸売業者及びホテル・旅館を認定する取り組みを行っている。

長崎和牛のイベント・キャンペーン

長崎和牛調理動画選手権
  • 県内の高校に通う高校生を対象に地元の畜産物を学ぶ食育の場を提供し、長崎和牛の継続的な発展、消費拡大を図ることを目的に、長崎和牛の調理動画選手権を開催している。
  • グランプリには長崎和牛10キログラムをプレゼント。応募締切は12月31日(日曜日)。
長崎和牛を食べて応援キャンペーン
  • 全国の長崎和牛指定店、協力店で長崎和牛を購入、食事された方を対象に長崎和牛5千円相当やチョーコー醤油の鍋つゆ3種セットを抽選でプレゼントするキャンペーンを開催している。
  • 専用の応募はがきまたはウェブサイトから応募を受け付けている。応募締切は12月17日(日曜日)。

長崎和牛専用の焼肉のたれ

  • チョーコー醤油とコラボした長崎和牛銘柄推進協議会監修の焼肉のたれ「長崎和牛おろしぽん酢しょうゆ」が商品化された。

  • 長崎お土産すみや 長崎駅かもめ市場店、西海橋物産館「魚魚市場」で販売している。また、焼肉牛仙で食事をする場合には、店内限定で「長崎和牛おろしぽん酢しょうゆ」を味わうことができる。

問い合わせ先

  • 県の農産加工流通課 電話 095-895-2997

最後にリスナーに一言

  • 生産者が1頭1頭愛情を込めて生産した「長崎和牛」をぜひご賞味ください。

このページの掲載元

  • 広報課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2021
  • ファックス番号 095-828-7665