SaturdayChatBox5月21日「高等技術専門校に行こう!」

このページを印刷する

放送日

  • 令和4年5月21日(土曜日)12時から12時30分

テーマ

  • 高等技術専門校に行こう!

出演者

  • 長崎県立長崎高等技術専門校 指導第三課 機械技術科指導員 住吉 徹(すみよし とおる)

ポイント

  • 高等技術専門校の概要と魅力を紹介する。また、長崎校で6月19日(日曜日)、佐世保校で6月26日(日曜日)に実施される「オープンキャンパス【施設見学型】」の案内を行う。

内容

高等技術専門校の紹介

  • 長崎県が設置・運営する職業訓練をおこなう施設で、主にものづくり分野の基礎的な技術・技能を修得できる。
  • 県内には、長崎高等技術専門校(長与町)と佐世保高等技術専門校(佐々町)の2校がある。
  • 訓練科目は、ものづくりを支える溶接・機械加工・塗装、まちづくりを支える建築・電気・配管、県の産業を支える観光、すべての企業をサポートするオフィスビジネス・商業デザイン、安全な交通を支える自動車整備。
  • 2年課程と1年課程があり、いずれも地域で活躍する若い人材を育成。

長崎県の高等技術専門校の特徴

基本から学べる

入校生のほとんどが、高校の普通科を卒業した学生である。専門知識がなくても、丁寧な指導で基本からスタートするので安心して学べる。

資格の合格率が高い

どの科も、その業界の仕事に必要な資格取得を目指し、独学では難しい国家資格でも、高い合格率を誇っている。(例えば、R3第1種電気工事士 全国42%、高技専95%)

就職率が高い

修了生のほぼ全員が就職し、特に県内企業への就職率が高い。(令和3年度修了生就職率96.3%(R2:98.1%)、県内就職率98.5%(R2:97.6%))

経費がかからない

授業料、入学金等が無料であることも大きな特徴。(受験料も無料)
(ただし、教科書や作業服、資格受験料などは本人の負担となる。)

寮の設置

離島の方や遠方のため通うことが困難な方のために、両校とも寮を設置している(寮費は自己負担)。
両校、女子寮も設置している。

達成感が得られるものづくり

ものづくりでは、作業が進むにつれて段々と形になっていく楽しみ、失敗作になってしまった時の悔しさ、試行錯誤して製品が完成した時の喜びを、訓練の中において味わえる。

専門校に入校すると・・・

資格が取れる(取りやすい)

在校中にそれぞれの専門分野で活かすことができる資格を多く取得できる。

仕事で必要とされる知識・技能を修得し、就職できる

訓練実習の割合が高く(7割)、様々な機械や工具の取り扱いができる。様々な作業を繰り返し体験できる為、就職後の自分の仕事のイメージができる。就職のミスマッチを防ぐため、インターンシップを実施している。

オープンキャンパスについて

  • 施設見学型のオープンキャンパスについては、ソーシャルディスタンスの確保やグループあたりの人数制限など、新型コロナウイルスの感染防止対策を最優先に考えながら実施している。
  • その他、『実習体験型』や『施設・訓練見学型』を年内に計画している。
オープンキャンパス(施設見学型)の日程

長崎校 :6月19日(日曜日)と8月28日(日曜日)

佐世保校:6月26日(日曜日)と8月28日(日曜日)

詳しくは県のウェブサイトでご確認ください。(両校ともに事前申込が必要)

問合先

長崎高等技術専門校   電話 095-887-5671

佐世保高等技術専門校  電話 0956-62-3799

最後にリスナーに一言

ものづくりなどに興味のある方、県内で頑張っていきたい方は、オープンキャンパスに是非ご参加ください。自分の目で見て未来の自分をイメージすることは、進路を決定する上で大切なことだと思います。皆様のご参加をお待ちしています。

このページの掲載元

  • 広報課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2021
  • ファックス番号 095-828-7665