SaturdayChatBox9月4日「認知症について知ろう」

このページを印刷する

放送日

  • 令和3年9月4日(土曜日)12時から12時30分

テーマ

  • 認知症について知ろう

出演者

  • 長崎県認知症サポートセンター コーディネーター 田中 貴美子(たなか きみこ)
  • 認知症の人と家族の会代表 神原千代子(かみはら ちよこ)

ポイント

  • 9月は世界アルツハイマー月間。認知症についての理解を深めるとともに、相談窓口の紹介や啓発イベントについて周知を行う。

内容

  • 認知症とは

    • アルツハイマー病をはじめとする認知症は、老いに伴う脳の病気。誰もがなり得る。
    • 加齢に伴うもの忘れとは異なる。
  • 長崎県認知症サポートセンターとは

    • 認知症に関して、誰もがいつでも気軽に相談でき、認知症の症状や段階に応じた適時・適切な支援につながるよう、認知症の人やその家族、それを支える介護職員などをサポートするための総合的な対応窓口として開設。
    • 県内の認知症の人の数は、平成27年の時点で約6万4千人と推定され、65歳以上の高齢者の約7人に1人。
    • 今後、高齢化の進展に伴い上昇し、いわゆる団塊の世代が75歳以上になる令和7年(2025年)には、65歳以上の約5人に1人が認知症になると見込まれている。(約8万4千人)
    • 認知症は誰もが関わる可能性のある身近な病気。
    • 認知症に対して不安を抱えている方は、まずはお気軽にご相談ください。
  • 認知症の人と家族の会とは

    • 認知症に対する普及啓発や認知症高齢者及び介護家族に対する支援として、認知症講習会、相談・普及啓発事業、若年性認知症の意見交換会などを行っている。
  • 世界アルツハイマー月間

    • 9月21日は世界アルツハイマーデー
    • 9月を世界アルツハイマー月間として全国各地で認知症への理解を深めるため、ライトアップや記念講演会などさまざまな催しが行われる。
  • 県庁で行うイベント

    • 認知症に関する正しい理解の普及のために、平成30年度から実施しており、今回で4回目。
    • 9月10日(金曜日)から9月16日(木曜日)まで県庁のエントランスホールにて認知症パネル展を開催予定。
  • その他の啓発イベント

    • オレンジライトアップ
      • 昨年度から、9月に県内各地でライトアップを実施。
      • 長崎市(稲佐山電波塔、女神大橋)、佐世保市(ハウステンボス)、大村市(大村公園やぐら、ボートレース大村、市民交流プラザ)で実施予定。
      • オレンジは、認知症の普及啓発のシンボルカラー。認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る「認知症サポーター」は、「オレンジリング」と呼ばれるオレンジ色のリストバンドを身に着けている。
    • ミライon図書館での認知症コーナーの設置
      • 9月1日(水曜日)から30日(木曜日)の1カ月間、大村市と共同で、認知症に関するチラシやポスターの掲示や認知症に関する本の展示などを実施。
      • 9月22日(水)には、認知症サポーター養成講座も実施予定。
  • 問い合わせ先

    • 認知症かな?と思ったら、「かかりつけ医」や「お住まいの市町の地域包括支援センター」へご相談を。
    • 認知症に関する相談先に迷ったら、「長崎県認知症サポートセンター」電話 095-847-0473 へご相談を。
      ※相談は、午前10時から午後3時まで(土日・祝日を除く)
    • 認知症の家族の方や介護者のお悩みは、「公益社団法人 認知症の人と家族の会」
      電話 095-842-3590 へご相談を。※相談は、午前10時から午後4時まで(火曜日、金曜日)
  • 最後にリスナーに一言

    • 9月の世界アルツハイマー月間には、パネル展やライトアップなど様々なイベントが県内各地で実施されます。この期間を通じて一人でも多くの方に、認知症に関する正しい知識を持っていただきたいです。

このページの掲載元

  • 広報課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2021
  • ファックス番号 095-828-7665