長崎県

SaturdayChatBox10月24日「世界遺産」


2020年10月24日更新

放送日

  • 令和2年10月24日(土曜日)12時から12時30分

テーマ

  • 世界遺産

出演者

  • 県の世界遺産課 村山 拓男(むらやま たくお)

ポイント

  • 2つの世界遺産や世界遺産でつなぐ・つながるプロジェクト(保護や次世代継承の取り組み)などについて紹介。

内容

  • 2つの世界遺産の紹介

    • 【明治日本の産業革命遺産】※登録されて5周年
      • 全国8県11市に分布する23の資産で構成。1850年代から1910年にかけて、製鉄・製鋼、造船、石炭産業において、日本が急速な産業化を成し遂げたことを証言する遺産群です。県内には、長崎市に最多の8資産が所在しています。
    • 【長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産】※登録されて2周年

      • 17世紀から19世紀の2世紀以上にわたるキリスト教禁教による宣教師不在の中で、神道や仏教などの日本の伝統的宗教や一般社会と関わりながらひそかに信仰を伝えていく独特な宗教的伝統を物語る他に例を見ない証拠であり、熊本県と長崎県の6市2町にまたがる12の資産で構成されます。
  • 情報発信拠点施設の紹介

    • 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター(出島ワーフ2F)のほか、各構成資産を有する関係市町にも、価値や魅力を紹介する情報発信拠点施設があるので、ぜひご利用いただきたいです。
  • 保護の取り組み

    • 世界遺産は、地域住民の皆さんをはじめ、行政や民間など、いろんな方々によって支えられ、保全活動(清掃活動など)が実施されています。
    • 潜伏キリシタン関連遺産の構成資産内の教会付近には、教会堂を見守る人「教会守」(地域の信者などが担い手)が常駐し、マナーの周知などを行っていただいています。
    • 地域の活動団体などを中心に、観光ガイドやイベントの開催、特産品の開発など、活性化の活動もなされています。
  • 次世代継承の取り組み

    • 【世界遺産でつなぐ・つながるプロジェクト】
      • 「潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の保護を担う地域の活性化や、次世代につないでいくことを目指す、地域間や世代間の交流を促進する取り組みです。
    • 【地域をつなぐ取り組み(集落の活動支援)】
      • 構成資産のある集落の保護活動を活性化するため、市町の取り組みを支援しています。
        • 平戸市(春日集落)
          • 棚田のライトアップなどのイベント開催による賑わいの創出や、まんがを活用した情報発信に取り組み、来訪者数の維持・拡大を目指しています。
          • 来訪者と地域住民との交流による集落の活気や、お土産(春日の棚田米やかんころ餅など)の購入など、春日集落に良い効果を生み出そうとしています。
        • 五島市(久賀島の集落)
          • 久賀島のファンを増やすためのウェブサイトによる魅力の発信や、島の特産品で地域が潤い、その一部を保全活動にあてるといった仕組みを検討しています。
        • 新上五島町(頭ヶ島の集落)
          • 将来の担い手となる町内の子どもたちが、「島のふれあい館」の方と交流しながら、世界遺産について学ぶ機会をつくっています。
  • 世代をつなぐ取り組み

    •  (1)県内大学と連携したフィールドワーク

      • 学生たちが、地域住民の皆さんと交流しながら課題を調査し、若い視点での提案や活動を行うものです。
      • 現在、長崎県立大学の学生たちにより平戸市の春日集落内の棚田景観などをテーマとした現地調査が進められています。
      • このフィールドワークを通じて、大学生が住民と交流することで地元も刺激を受けたり、活動の活発化にもつながり、大学側・受入集落側お互いによい効果が生まれています。
      • 大学生の活動を発信することで世界遺産の保存活用に向けた機運醸成にもつなげていきたいです。
    • (2)世界遺産を活かしたふるさと教育の促進
      • 世界遺産学習を通して、子どもたちに郷土への愛着や誇りを持ってもらうことを目的にしています。
      • 長崎大学教育学部附属小・中学校では、世界遺産をテーマとしたモデル授業を実施します。10月末に、附属小学校の担当先生が佐世保市の黒島小中学校において、小学3,4年生を対象に出前授業を実施予定です。
      • 世界遺産学習(ふるさと教育)を通して地域のよさ、価値への理解が深まり、学びの機会が広げていきたいです。
  • 参考

  • 問い合わせ

    • 県の世界遺産課 電話095-894-3171
  • 最後にリスナーに一言

    • 県民の皆さんにもぜひ2つの世界遺産に足を運んでいただきたいです。
    • 世界遺産を通して地域間や世代間のつながりを深め、世界遺産を未来へと伝えていきたいです。

このページの掲載元

  • 広報課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2021
  • ファクシミリ:095-828-7665
先頭に戻る

メニュー