長崎県

SaturdayChatBox令和2年1月11日(土曜日)


2020年1月14日更新

放送日

令和2年1月11日(土曜日)12時から12時30分

テーマ

第65回「子ども県展」

出演者

長崎県教育庁学芸文化課 山本  弥(やまもと わたる)

ポイント

  • 第65回「子ども県展」の取り組みを説明し、長崎市で開催される「子ども県展」総合展及び県内2会場で開催される巡回展への来場を県民の皆さんに呼びかける。

内容

第65回「子ども県展」の概要

  • 今年度65回を迎えた「子ども県展」は、長崎県内すべての小・中学校と、義務教育学校と特別支援学校の小学部及び中学部の児童生徒を対象に、授業で制作した作品の出品を募り、審査を行っている。
  • 部門は小学生が「絵画」「版画」、中学生は「絵画」「版画」「デザイン」「立体」となっている。
  • 今年度は、県内478校から3年連続8万点を超える、80,232点の出品があり、1次審査、2次審査、特別賞審査の3度の審査によって、特別賞作品60点、特選作品770点を選出。
  • 特別賞の審査では、美術の専門家や長年美術教育の指導に携わっている先生方を審査員としてお招きし、知事賞、教育委員会賞、造形教育研究会賞それぞれ20点ずつを選出した。
  • 全県下の小・中学生を対象に美術作品の審査や作品展を行っている都道府県は珍しい。長崎県が造形教育や文化芸術振興に長年力を注いできた結果であるといえる。

「子ども県展」の作品展の日時

  • 1月21日から1月26日まで、長崎県美術館県民ギャラリーを会場に総合展を開催。
  • 特別賞作品60点、特選作品770点、合計830点を展示する。総合展最終日の1月26日には、長崎ブリックホール国際会議場において特別賞表彰式を開催する。
  • その後、県内2会場で巡回展を実施。
  • 2月12日から2月16日まで、佐世保市博物館島瀬美術センター(佐世保市)。
  • 2月21日から2月25日まで、壱岐の島ホール(壱岐市)。
  • 佐世保市巡回展では、総合展と同様に830点を展示。
  • 壱岐市巡回展では、特別賞作品60点と特選の立体作品並びに壱岐市と対馬市の特選作品に、壱岐市の入選作品を加えた352点を展示する。
  • 各会場とも入場料は無料。

最後にリスナーに一言

  • どの作品も、みずみずしい感性と発想力、生き生きとした表現に溢れ、子どもたちが楽しんで作品づくりに取り組んでいる様子が目に浮かんできます。
  • 大人の方も、自分自身の子どもの頃を振り返る、いいきっかけとなるはずです。
  • ぜひ、この機会に会場に足を運んでいただき、魅力いっぱいの作品を楽しんでください。

問い合わせ

  • 県の学芸文化課 電話 095-894-3385

このページの掲載元

  • 広報課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2021
  • ファクシミリ:095-828-7665
先頭に戻る

メニュー