長崎県

SaturdayChatBox平成29年6月17日(土曜日)


2017年6月19日更新

放送日

平成29年6月17日(土曜日)12時から12時30分

テーマ

防災への備え

出演者

河川課 河川防災班 技師 今泉慎哉(いまいずみ しんや)

ポイント

  • 長崎大水害を受けて県が行ってきた防災対策を紹介する。
  • 梅雨期を前に大雨による災害への備えの重要性を啓発する。

内容

今年は長崎大水害から35年の節目となる年

梅雨末期の集中豪雨が河川の氾濫や土砂災害を引き起こし、長崎市を中心に甚大な被害が発生

県がおこなってきた防災対策(主にハード)

  • 洪水への対策
  • 土砂災害への対策

防災への備えについて

  • ハードのみでは足らざるところがあり、ソフト面でも対策を行っている
  • まずは、危険な箇所を周知する取組から
  • 洪水ハザードマップは県内13河川で作成しており、居住市町などで閲覧可能
  • 土砂災害の恐れがある地域は、「長崎県総合防災GIS」で周知しているので一度見てみてほしい
  • 大雨や台風が近づいたら、河川の水位や雨量などを「長崎県河川砂防情報システム(通称ナックス)」で周知している

正しい知識と情報ですばやく対応するために

  • 今できることは、非常持ち出し品や備蓄品の準備、メール配信サービスへの登録など
  • 大雨や台風が近づいたら、テレビやラジオ、インターネットなどを使って、防災情報の収集に努めてほしい
  • 実際に身の危険を感じたら避難情報などを確認し、自主的に早めの避難を心がけてほしい

最後にリスナーに一言

災害はいつでもどこでも起こりうるものと思って、いざというときのために今できることから始めてほしい

このページの掲載元

  • 広報課
  • 住所:長崎県長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-895-2021
  • ファクシミリ:095-828-7665
先頭に戻る

メニュー