SDGs(持続可能な開発目標)

SDGsとは

 持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

長崎県におけるSDGsの位置づけ

 SDGsの「持続可能で、誰一人取り残さない」社会の実現という理念は、本県がこれまで進めてきた各取組と方向性は重なるものであり、新たな施策を進めていくうえでも重要な観点であります。環境、教育、経済、まちづくりなどの幅広い分野において、SDGsの理念を踏まえた取組を推進することで、県民が安心して暮らせる持続可能なまちづくりと地域活性化を実現していきます。

<実現するための3つの柱>

地域で活躍する人材を育て、

未来を切り拓く

将来像(めざす姿)

  • 県内企業において、働きやすい職場づくりが進み若者が県内で就職・定着し、活躍している。
  • 移住者が増加し、地域や産業の担い手となって、地域全体を下支えしている。
  • 県民が希望どおりに結婚、妊娠・出産し、安心して子育てができる社会となっている。
  • 誰もが役割を持って支えあい、互いの人権が尊重され、一人一人の暮らしと生きがい、地域をともに創っていくことのできる地域共生社会が実現できている。

※主な目標を記載しております。

 

力強い産業を育て、

魅力あるしごとを生み出す

将来像(めざす姿)

  • オープンイノベーションの取組が活発となり、新たな基幹産業を含めた成長分野の新産業の創出・育成が進み、関連の雇用が増加している。
  • 本県ならではの魅力を付加した「観光まちづくり」や、外国人、障害者、高齢者など誰もが安心して旅行を楽しむことができる環境整備が進むことで、観光客数や観光消費額が増加し、地域や観光産業が活性化している。
  • スマート農林業、水産業の導入により、生産性の向上、労働環境が改善され、所得が向上することで、多くの若者から選択される産業として確立している。


※主な目標を記載しております。

 

夢や希望のあるまち、

持続可能な地域を創る

将来像(めざす姿)

  • 安定した行財政基盤のもと市町の行政サービスが提供され、地域活動を行う多様な主体が支えあい、人口減少に対応できる持続可能な地域社会づくりが進んでいる。
  • 九州新幹線西九州ルート(武雄温泉~長崎)の開業により、交流人口の拡大等が図られ、地域が活性化している。
  • IR整備により、成長・発展の著しいアジア地域を中心に世界中から今までにない人の流れを生み出すことで、交流人口の拡大による観光・地域経済の活性化、良質な雇用の創出の好循環が生まれている。
  • 県民一人一人の自主防犯意識や交通安全意識の高揚が図られ、県民が安全に安心して暮らしている。

※主な目標を記載しております。

主な取組

SDGsの推進に係る長崎県の主な取組についてご紹介します。

長崎県SDGs登録制度
長崎県版SDGsロゴマーク
長崎県SDGsアドバイザー派遣制度

このページの掲載元

  • 政策企画課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎県長崎市尾上町3-1
  • 電話番号 095-895-2073
  • ファックス番号 095-895-2540