長崎県

平成30年8月6日「学童保育きづなクラブ」


2018年8月29日更新

「学童保育きづなクラブ」の皆さんが、諫早湾干拓堤防管理事務所と雲仙多良シーライン中央駐車場、中央干拓地の内部堤防などを見学し、干拓地の歴史・役割について勉強しました。

実施日

平成30年8月6日(月曜日)9時から12時

参加者

 学童保育きづなクラブ児童26名 

見学場所

  •  諫早湾干拓堤防管理事務所
  • 雲仙多良シーライン中央駐車場
  • 中央干拓地内部堤防

 諫早湾干拓堤防管理事務所の様子

干拓地の成り立ちや役割、また、現在干拓地でどのような取り組みが行われているかを学びました。少々難しい内容だったかもしれませんが、皆さん熱心に耳を傾けていました。

        

雲仙多良シーライン中央駐車場の様子

展望所から雄大な有明海の景色を眺めました。また、堤防を挟んで内側と外側でどのような違いがあるのか説明を聞きました。

 

 内部堤防の様子

 干拓地で行われている農業について勉強をしました。干拓地と背後地で畑と田んぼに分かれていると知り驚いた様子の児童もいました。皆さん疑問に思ったことがあれば、積極的に質問をしている姿が印象的でした。

  

アンケート結果

 満足度 

  • とても良かった1人(3.9%)
  • 良かった5人(19.2%)
  • 普通20名(76.9%)

説明内容

  • とてもわかりやすかった2名(7.7%)
  • わかりやすかった5名(19.2%)
  • 普通17名(65.5%)
  • わかりにくかった1名(3.8%)
  • 回答なし1名(3.8%)

 参加者した児童の感想

  • 干拓地はとってもすごいなぁと思いました。
  • 8キロメートルもある堤防を初めて見ることができて良かったです。
  • 堤防の話などが楽しかったので、もっと聞きたかったです。
  • 諫早は昔たくさん水害があったんだなぁと思いました。
  • とても勉強になりました。楽しかったです。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー