長崎県

平成29年8月23日「学童保育西諫早クラブ」


2017年9月4日更新

「学童保育西諫早クラブ」の皆さんが、中央干拓地の内部堤防等で干拓について学びました。その後、本明川へ移動し、水辺の生物を観察しました。

実施日

平成29年8月23日(水)13時00分~16時45分

参加者

学童保育西諫早クラブ92名

見学場所

・中央干拓地内部堤防
・諫早湾干拓堤防管理事務所
・本明川(諫早神社付近)

中央干拓地内部堤防の様子

内部堤防では、主に農業についてのお話を聞きました。天気がよかったので、景色がとてもきれいでした。

 

諫早湾干拓堤防管理事務所の様子

有明海の潮の流れによって諫早湾にガタ土がたまる仕組みについて、ガイドさんからわかりやすく教えていただいたあと、ビデオで詳しく学びました。少し難しかったのですが、皆さん熱心に話を聞いていました。

 

本明川の様子

国土交通省の皆さんにご協力をいただき、水生生物の観察を行いました。川に入って自分が捕まえた生物を観察することができ、皆さん大喜びでした。 

 

 

アンケート結果

【満足度】

・とても良かった:61人(67%)
・良かった:21人(23.1%)
・普通:9人(9.9%)

【説明内容】

・とてもわかりやすかった:35人(38.5%)
・わかりやすかった:33人(36.3%)
・普通:14人(15.4%)

参加した子どもたちの感想

・干拓のことがわかってとても楽しかった。
・干拓地の農業についてとてもよくわかった。
・潮受け堤防が長くてびっくりした。
・とても広い干拓にびっくりしました。
・とてもわかりやすく、よい勉強になりました。もっと知りたいです。
・景色がきれいだった。
・自然を感じられた。
・本明川にこんなにいっぱい魚がいることをはじめて知った。
・全部楽しかったです。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー