長崎県

第69回国民体育大会 「長崎がんばらんば国体」

1 大会の名称

第69回国民体育大会

2 愛称

「がんばらんば」は「がんばろう」という意味の方言。全国から集まる選手も 観客も、 そしてスタッフもお互いがんばろうという、応援する言葉で表現しています。

3 スローガン

君の夢 はばたけ今 ながさきから

(趣旨)選手の夢、スタッフの夢、みんなの夢が、平和の象徴である鳩のように空高く羽ばたいて実現するように、との願いを込めています。

4 目的

広く国民の間にスポーツを普及し、スポーツ精神を高揚して国民の健康増進と体力向上を図り、併せて地方スポーツの振興と地方文化の発展に寄与するとともに、国民生活を明るく豊かにすることを目的としています。

5 マスコットキャラクター

がんばくん

長崎県の鳥であり、仲の良い鳥として知られる「オシドリ」がモチーフ。体操着姿で元気いっぱいのスポーツ少年として、両大会へ向けて張り切る様子を表しています。
がんばくんは、長崎生まれの長崎育ち。長崎の美味しい海の幸、山の幸を食べて豊かな自然の中で成長しました。
45年ぶり2度目の長崎での国体、長崎初開催となる全国障害者スポーツ大会のPRとともに、全国から集まってくる選手や応援団の皆さん、訪れたすべての皆さんに大好きな地元の魅力を紹介しました。

 

らんばちゃん

長崎県の鳥であり、仲の良い鳥として知られる「オシドリ」がモチーフ。チアリーダー姿で元気いっぱいの少女を表現しています。
らんばちゃんは、長崎生まれの長崎育ち。がんばくんとは幼なじみ。両大会の成功に向けて頑張るがんばくんをサポートして一緒にPRをおこないました。 

 

6 会期

平成26年10月12日(日)~22日(水)

※会期前開催  水泳:9月7日~14日、カヌー:9月11日~14日(スラローム・ワイルドウォーター)

7 実施競技

正式競技37競技・・・
陸上、水泳、サッカー、テニス、ボート、ホッケー、ボクシング、バレーボール、体操、バスケットボール、レスリング、セーリング、ウエイトリフティング、ハンドボール、自転車、ソフトテニス、卓球、軟式野球、相撲、馬術、フェンシング、柔道、ソフトボール、バドミントン、弓道、ライフル射撃、剣道、ラグビーフットボール、山岳、カヌー、アーチェリー、空手道、銃剣道、クレー射撃、なぎなた、ボウリング、ゴルフ

公開競技2競技・・・
高等学校野球、トライアスロン

デモンストレーションとしてのスポーツ行事19行事・・・
けん玉、ビリヤード、お手玉、3B体操、スポーツチャンバラ、グラウンド・ゴルフ、パラグライディング、ソフトバレーボール、パワーリフティング、ペタンク、綱引、雲仙アヅマクロス、アクアスロン、マリンスポーツ、ターゲット・バードゴルフ、ゲートボール、ドッジボール、歴史探訪ウォーキング、ジュニアソフトテニス
※ペタンク(五島市開催)は、台風19号の影響により中止

8 開・閉会式会場

県立総合運動公園陸上競技場(諫早市)

9 会場地市町

正式競技・公開競技14市町
県外開催:福岡県福岡市、熊本県人吉市、益城町
デモンストレーションとしてのスポーツ行事15市町

10 参加者数

選手・監督 126,902人
大会関係者 146,574人
観覧者 582,723人
合計 856,199人

11 総合成績

(1)天皇杯・・・天皇杯《男女総合成績》[PDFファイル/14KB]

(2)皇后杯・・・皇后杯《女子総合成績》[PDFファイル/14KB]

12 広報誌バックナンバー・公式ガイド

このページの掲載元

  • スポーツ振興課
  • 住所:長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-895-2781
  • ファクシミリ:095-824-6300
先頭に戻る

メニュー