長崎県

施設の愛称が決まりました!


2018年6月27日更新

 平成29年9月1日から10月13日までの期間において募集しました「長崎県立・大村市立一体型図書館及び大村市歴史資料館」の施設愛称については、全国から1,507作品の応募があり、選考委員会での選考を経て、「ミライon」(よみ:ミライオン)に決定しました。
 長崎県と大村市は、愛称に込められた思いを大切に、県民市民の皆様に末永く愛され、親しみのある施設となるよう、整備を進めてまいります。たくさんのご応募ありがとうございました。

施設の愛称(最優秀賞)

 「ミライon」(よみ:ミライオン)

施設愛称の説明・意味

 「未来(ミライ)」と「ON(on)」の単語を足し合わせた造語。
 現在のこと、過去のことの多くのことを知ることで、未来の自分のためのスイッチをONにできる場所になってほしいという意味。

最優秀賞受賞者

西尾 清人(にしお きよと)さん(長崎県対馬市)

選定理由

 図書館や歴史資料館で、過去・現在の様々な歴史や文化を見たり、知ることをきっかけとして、「未来の自分や郷土」のことを考え、夢を抱き、自発性や積極性を高めてほしいという期待が込められており、未来志向が強く感じられる。
 また、「ミライon」の「on」の部分については、「大村(omura)」と「長崎(nagasaki)」の頭文字でもあることから、長崎県と大村市が共同で整備する施設に相応しい愛称である。

優秀賞

  • 「アイシップ」  吉田 早百合さん(長崎県大村市)
  • 「USCOME」 福島 進也さん(埼玉県本庄市)

その他

  • 施設愛称「ミライon」の決定に伴い、「長崎県立・大村市立一体型図書館」の愛称を「ミライon図書館」といたします。

このページの掲載元

  • 生涯学習課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3362
  • ファクシミリ:095-894-3477
先頭に戻る

メニュー