長崎県

Vol.160 韓国 ソン・ミンギョン(宋珉京)


2018年1月1日更新

明けましておめでとうございます!セヘボッマニバドゥセヨ!

皆さん年末年始はどのように過ごされましたか?私は新しい年を迎え、今までできなかった様々なことにチャレンジして今年も長崎で楽しい思い出をたくさん作りたいと思います。今年もよろしくお願いします。

平昌2018

さて、いよいよ来月開催される第23回冬季オリンピック・パラリンピックの開催地はどちらでしょうか!?正解は韓国・平昌(ピョンチャン)です!世界の人々のための祭典、第23回オリンピック冬季競技大会が2018年2月9日から25日まで17日間、韓国の江原道(カンウォンド)平昌(ピョンチャン)で開かれます。つづいて平昌冬季パラリンピックが、2018年3月9日から18日まで10日間開かれます。平昌は冬季オリンピックの選定に3回立候補し、2011年7月7日開かれた第123次IOC総会の投票でついに過半数の票を得て、2018年の冬季オリンピック開催地に選ばれました。これにより韓国は、1988年に開かれたソウルオリンピック以来30年ぶりにオリンピックを開催することになりました。オリンピック期間中、平昌では開会式・閉会式と雪上種目のほとんどの競技が、江陵(カンヌン)では氷上種目の全競技が、そして旌善(チョンソン)ではアルペンスキーの滑降競技が開かれる予定です。

スローガン:Passion. Connected

スローガン

「スローガン」

(外部サイトへ移動します:https://www.pyeongchang2018.com/jp/index

みんながひとつになった情熱でウィンタースポーツに対する全世界の人々の共感を引き出し、いつでもどこでも老若男女の誰もが参加できるよう、ウィンタースポーツの持続的な普及に新しい地平を開くという意味を込めて「Passion. Connected(一つになった情熱)」という大会スローガンを決めたそうです。

エンブレム

      エンブレム(1)

「左:オリンピックエンブレム、右:パラリンピックエンブレム」

(外部サイトへ移動します:https://www.pyeongchang2018.com/jp/index

2018平昌冬季オリンピックのエンブレムは、天と地が触れ合う平昌で開かれる雪(雪上)と氷(氷上)のウィンタースポーツの選手たち、そして世界中の人々が一つになれること、すべての人々に世界が開かれていることを意味しているそうです。韓国固有の文字、ハングルをモチーフにして天と地、雪と氷、選手を表現していていろんな想いが込められたエンブレムになっていると思います。

マスコット:「スホラン」&「バンダビ」

     スホランバンダビ

「左:スホラン、右:バンダビ」

(外部サイトへ移動します:https://www.pyeongchang2018.com/jp/index

まず、2018平昌冬季オリンピックのマスコットは白虎をモチーフにした「スホラン」です。「スホラン」の「スホ」は韓国語で守護という意味で、オリンピックに参加する選手や関係者、観客を守るという意味があり、「ラン」は「トラ(韓国語でホランイ)」のランと江原道を代表する韓国の伝統民謡「旌善アリラン」のラン、2つの意味があります。

2018平昌冬季パラリンピックのマスコットは、ツキノワグマをモチーフにした「バンダビ」です。ツキノワグマは韓国では強い意志と勇気を象徴する動物で、「バンダビ」の「バンダ」はツキノワグマの模様である半月(韓国語でバンダル)、「ビ」には大会を記念するという意味が込められています。トラとクマは韓国の建国に関する神話に登場する動物で、国民に馴染み深く昔から愛されている動物です。まずは愛くるしい見た目に、その後は名前に込められた意味を知って微笑みが浮かんできます。

記念撮影

「スホラン&バンダビと同じポーズで記念撮影」(本人撮影)

オリンピックの舞台、江原道

             江原道地図江原道地図(2) 

「左:江原道の位置、右:江原道の詳細地図」(出典:wikipedia)

今回のオリンピック・パラリンピックの舞台となる平昌、江陵、旌善はすべて江原道にあります。江原道は韓国の北東部に位置し、ほとんど山に囲まれています。山間部であるため夏は涼しく避暑地として知られ、冬は雪がよく降りウィンタースポーツに最適な場所です。気候は日本の長野県の北部と似ていて、ジャガイモやトウモロコシが特産品であるなど、北海道とも共通点があります。ご当地グルメとしてはそば粉(メミル)を使った料理や干し鱈(ファンテ)が有名です。観光地としては雪岳山、五台山など韓国を代表する景勝地なども多く、日本でも大人気だったテレビドラマ「冬のソナタ」、2016年大ヒットしたドラマ「トッケビ」など、映画・ドラマのロケ地観光に来る観光客が多くなっています。ソウルからはKTX(高速鉄道)で約1時間20分、高速バスでは約2時間30分でアクセスすることができます。

2月から始まるオリンピック・パラリンピック楽しみですね!皆さんもこの機会に江原道へ足を運んでみてはいかがですか?訪れる時は寒さ対策を忘れないでくださいね。それでは、トマンナヨ!(またお会いしましょう)

このページの掲載元

  • 国際課
  • 住所:長崎市元船町14番10号 橋本商会ビル6F
  • 電話:095-895-2081
  • ファクシミリ:095-827-2487
先頭に戻る

メニュー