くじらとゆで干しだいこんの煮物(東彼杵)

このページを印刷する

献立について

 東彼杵郡は、くじらを特産品としており、今でもくじら問屋があります。くじらにまつわる歴史的な人物や話も多く残されています。そのくじらとゆで干しだいこんの煮物です。

材料

材料名 一人あたりの分量
くじら 8g
ゆで干し大根 6g
にんじん 4g
油揚げ 3g
1g
砂糖 1.5g
こいくちしょうゆ 3.5g
1g
みりん 1g
煮干し 0.5g
30g

作り方

  1. ゆで干しだいこんは洗い、戻しておく。にんじんはせん切り、油揚げは湯をかけてせん切りにしておく。 
  2. 煮干しでだしをとる。
  3. 鍋に油を熱し、くじら、にんじん、ゆで干しだいこんを炒め、しんなりしてきたら、だし汁を加え油揚げを入れる。
  4. あくを取り、砂糖、こいくちしょうゆ、酒、みりんで味をつける。  
               

栄養価

成分名 成分量
エネルギー 42kcal
たんぱく質 2.8g
脂質 2.0g
食塩 0.5g
カルシウム 12mg
マグネシウム 9mg
0.4mg
亜鉛 0.2mg
ビタミンA 61ugRE
ビタミンB1 0mg
ビタミンB2 0.03mg
ビタミンC 1mg
食物せんい 0.2g

このページの掲載元

  • 体育保健課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-894-3392
  • ファックス番号 095-894-3478