県章の策定について

【 シンボルマーク制定方針 】

長崎県CI推進運動の一環として、長崎県シンボルマークを制定し、

飛躍する長崎県を県内外に印象づけ、県のイメージアップを図ります。

 ※CI(コーポレート・アイデンティティー)…企業ブランドやロゴなどで企業の存在を広く認知させるマーケティング手法

 【 シンボルマークの制定経過 】

 平成2年当初、シンボルマーク制定方針を作成し、第1回長崎県シンボルマーク選考委員会を開催。

 指名コンペと公募による作品募集を行った。応募総数79点のうち選考委員会で13点に絞り、県民投票を実施。

結果、長崎市内のデザイン事務所「スタジオファースト」制作の現在のマークに決定しました。

(有効投票総数10,329票中2,335票(22.6%)獲得)※当時の長崎県の人口156万人

以降、平成3年より県旗、県職員記章、封筒、その他県の出版物などで使用展開。

 

デザイン意図

 長崎県の頭文字「N」と、平和の象徴である「はと」をデフォルメし、

未来へ強く前進する長崎県の姿を表現している。

 中央の円は地球で、長崎県の国際性を表し、色は長崎県の明る

い海と空を表している。

このページの掲載元