長崎県

新型コロナウィルス感染防止対策にかかる健康管理アプリ「N-CHAT」の導入について


2021年4月8日更新

  障害福祉サービス事業所において、職員・利用者の日々の健康状態を入力し、管理することができる「健康管理アプリ」

  (通称「N-CHAT」(エヌ・チャット))の運用(導入を希望する法人へのID配布)を開始しています。

  なお、本アプリは、各法人又は事業所における職員・利用者の健康状態の一元的な管理・確認等に役立てていただくこ

 とを主な目的としているものです。よって、アプリに入力した健康状態の情報が、自動的に県や医療機関・保健所等の関

 係機関に共有されるものではありませんのでご注意ください。

  当該アプリの導入を希望する法人は、下記申込票に内容記載の上、FAXまたはメールで障害福祉課へ提出してくださ

   い。(FAX番号・メールアドレスは申込票に記載)

【申込様式】アプリ導入申込票[Wordファイル/39KB]

【参考】導入される前にご覧ください(動画案内)[PDFファイル/354KB]

【参考】健康管理アプリについて[PDFファイル/4MB]

【参考】健康管理アプリの対応ブラウザについて[PDFファイル/663KB]

 

【導入の流れ】

  1. 上記申込票により、県障害福祉課へ申込みをする
  2. 県より、アプリを利用する際に使用する管理ID及び団体番号を記載した承認通知が届く。
  3. 各法人又は事業所においてアプリの運用を開始する。

※導入の際は、下記をご確認ください

 1.健康管理アプリ「N-CHAT」の管理IDについて

  *原則、法人単位での申請とさせていただき、1法人1IDの付与とさせていただきます。

  *県が指定する管理ID・団体番号の他に、各法人・事業所において利用者IDをつけていただけますので、利用者IDに

   よるサービス(事業所)毎の管理が可能です。ただし、多くの事業所を運営し、複数の管理IDを希望される場合は、別

   途ご相談ください。

 2.健康管理アプリについて

  *このアプリは、各法人・各事業所における、職員・利用者の健康状態の一元的な管理・確認等に役立てていただくこと

   を主な目的としているものです。よって、本アプリに入力した情報が自動的に関係機関(医療機関や保健所等)に通

   知・共有されるというものではございません。

  *アプリ導入後は、アプリの入力手順に従い、毎日、職員・利用者の健康状態を入力していただきます。

   また管理者においては、入力されたデータを日々確認するとともに、職員・利用者に、息苦しさ・頻呼吸・強いだるさ・

   高熱等の強い症状のいずれかがある場合は、直ちに施設協力医等に相談し、判断をあおいでください。

  *また、有症状者が増加する場合などは、必要に応じて、施設協力医等にアプリの管理画面を見ていただき、保健所へ

   相談する必要があるかを医師にご相談ください。

 

 

 

このページの掲載元

  • 障害福祉課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2451
  • ファクシミリ:095-823-5082
先頭に戻る

メニュー