長崎県

新型コロナウイルス感染症対策に伴う障害福祉サービス施設・事業所等への支援


2020年9月16日更新

障害福祉サービス施設・事業所等のみなさまを対象に、下記の事業を実施いたします。

「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(障害福祉サービス等分)」のご案内

「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(障害福祉サービス等分)」は、下記の4つの事業があります。

1.感染症対策徹底支援事業
2.在宅サービス事業所による利用者への再開支援への助成事業
3.在宅サービス事業所、計画相談支援事業所及び障害児相談支援事業所における感染症対策徹底に向けた環境整備への助成事業
4.障害福祉サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業

申請についてのご案内は下記「申請のご案内」をご覧ください。

申請のご案内[PDFファイル/1MB]

※申請は「1.」と「4.」を分けて申請する等、各事業ごとの申請が可能です。

※申請はいずれの事業も令和2年7月21日から令和3年2月末までにご申請ください。

お問い合わせ先

次のいずれかによりお問い合わせください。

1.長崎県慰労金・支援金コールセンターへお問い合わせください。

<長崎県支援金・慰労金コールセンター> 
 電話番号 095-894-3190(直通)
 受付時間 9時から17時まで(土日祝日、年末年始を除く)

「障害分」のお問い合わせとお申し付けください。 

※状況により、県障害福祉課 自立就労支援班が対応することがあります。

2.質問票により、ファックスにて長崎県障害福祉課自立就労支援班あて送信してください。

ファックス番号 095-823-5082

質問票[Excelファイル/16KB]質問票[PDFファイル/4KB]

なお、事業者のみなさまからいただいたご質問を含め、Q&Aを作成していますので、ご活用ください。

長崎県障害福祉課【Q&A集 】新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(障害分)8月26日現在[PDFファイル/567KB]

様式

1.国保連に口座登録をしている事業者

01申請書(施設事業所用)[Excelファイル/84KB]

2.上記「1」以外の事業者、地域生活支援事業(対象:慰労金事業)を実施している事業者、債権譲渡を行なっている事業者

02申請書(事業所用、口座番号入り)[Excelファイル/87KB]

3.慰労金を申請するにあたり、上記「1.」「2.」を退職された職員で「1.」「2.」による請求が困難な方、勘定項目の都合等により代理受領ができない国公立の障害福祉サービス事業所・施設等の職員

03慰労金申請書(個人用)[Excelファイル/24KB]

4.慰労金代理受領委任状・・・事業所が慰労金を申請する場合は、申請する前に、職員から事業者への委任状提出が必要です。

慰労金代理受領委任状(職員用)[Wordファイル/21KB]

※対象期間に勤務後退職された方も、対象期間に勤務していた事業者が代理受領する場合は、事業者に委任状を提出し、事業者から退職者の口座へ振込む流れになります。

5.実績報告関係様式

(1)補助金関係

感染症対策徹底支援事業」

「在宅サービス事業所による利用者への再開支援への助成事業」

「在宅サービス事業所、計画相談支援事業所及び障害児相談支援事業所における感染症対策徹底に向けた環境整備への助成事業」

第2号様式 実績報告書(補助金)[Wordファイル/29KB]

第2号添付様式[Excelファイル/57KB]

【第3号様式】消費税及び地方消費税に係る仕入控除税額報告書[Wordファイル/17KB]

(2)障害福祉サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業

【様式第2号】慰労金実績報告[Excelファイル/71KB]

※実績報告の詳細については、決定通知の際にお知らせします。

国保連に口座登録をしている事業者の申請の流れ

1.毎月15日から31日の間に申請をお願いします。

※報酬請求と一緒にアップロードされた場合、申請受付の確認が困難になります。

2.下記様式「01申請書(施設事業所用」をダウンロードしてください。

※上記「様式」に掲載している「01申請書(施設事業所用)」と同じ様式です。

01申請書(施設事業所用)[Excelファイル/84KB]

3.「01申請書(施設事業所用)」ファイルに必要事項をご入力ください。

※入力にあたっては、申請書ファイルにある「本申請書の使い方、申請の手順」シート及び各シートに記載してある注意事項を必ずご熟読ください。
 手順どおりでない入力を行なうことにより、各種エラーにつながるケースが生じています。
 また、「計算式が入っている箇所を直接入力」、「事業所番号を全角で入力」すること等でも支障が生じていますのでご注意ください。

※複数の事業所・施設等を運営している事業者は、各事業所・施設等をとりまとめのうえ、申請をお願いします。

※「(様式3)障害福祉慰労金受給職員表(法人単位)」の「支払実績欄」は空欄にしてください。

4.電子請求受付システムにアップロードしてください。

※アップロードの手順は下記「電子請求受付システムの作業の流れ」をご覧ください。

電子請求受付システムの作業の流れ[PDFファイル/2MB]

5.県から交付決定通知が届きます。

※事業によっては、別途「請求書」のご提出についてご案内をいたします。

6.国保連に登録してある口座に交付決定額が振り込まれます。

7.慰労金を職員の口座に振り込む(現金支給も可)、又は対象の経費を支出します。

8.「7.」の1ヶ月以内に実績報告書類をご提出いただきます。

※決定通知の際に、別途ご案内します。

国保連に口座登録していない事業者、地域生活支援事業(対象:慰労金事業)を実施している事業者、債権譲渡を行っている事業所等の申請の流れ

1.下記様式「02申請書(事業所用、口座番号入り)」をダウンロードしてください。

※上記「様式」に掲載している「02申請書(事業所用、口座番号入り)」と同じ様式です。

02申請書(事業所用、口座番号入り)[Excelファイル/87KB]

2.「02申請書(事業所用、口座番号入り)」ファイルに必要事項をご入力ください。

※入力にあたっては、申請書ファイルにある「本申請書の使い方、申請の手順」シート及び各シートに記載してある注意事項をご熟読ください。

※複数の事業所・施設等を運営している事業者は、各事業所・施設等をとりまとめのうえ、申請をお願いします。

※「(様式3)障害福祉慰労金受給職員表(法人単位)」の「支払実績欄」は空欄にしてください。

※地域生活支援事業と障害福祉サービス事業所・施設等を併せて実施している事業者は、地域生活支援事業分を県へ送付、障害福祉サービス事業所・施設等分を電子請求受付システムにアップロードする必要があるため、それぞれファイルを作成してください。

3.印刷及び代表者印を押印のうえ、県障害福祉課へ紙媒体を送付してください。
また、データを下記メールアドレス宛送付をお願いします。

※債権譲渡を行なっている法人、または地域生活支援事業所(慰労金)の申請である旨を、メール本文にご入力ください。

●郵送先
〒850-8570
長崎市尾上町3-1
長崎県障害福祉課自立就労支援班 新型コロナウイルス感染症対策支援 担当

●メールアドレス
shougaifukusi-jiritusien@pref.nagasaki.lg.jp

4.県から交付決定通知が届きます。

※事業によっては、別途「請求書」のご提出についてご案内をいたします。

5.指定の口座に交付決定額が振り込まれます。

6.慰労金を職員の口座に振り込む(現金支給も可)、又は対象の経費を支出します。

7.「6.」の1ヶ月以内に実績報告書類をご提出いただきます。

※決定通知の際に、別途ご案内します。

【慰労金】個人で申請される方及び国公立の障害福祉サービス事業所・施設等の申請の流れ

※慰労金を申請するにあたり、退職された方は、原則として退職された事業所を運営する事業者が県に申請し、退職者に支給しますが、困難な方は下記のとおり申請をお願いします。

※予算措置等の関係から代理受領が困難と判断された国公立の障害福祉サービス事業所・施設等の事業者については、職員から県に申請いただくことになりますので、下記に準じた申請を行なうよう職員に周知をお願いします。

1.下記様式「03慰労金申請書(個人用)」をダウンロードしてください。

※上記「様式」に掲載している「03慰労金申請書(個人用)」と同じ様式です。

03慰労金申請書(個人用)[Excelファイル/24KB]

2.「03慰労金申請書(個人用)」ファイルに必要事項をご入力ください。

※作成にあたっては、下記「退職者等の個別申請マニュアル」をご熟読ください。

退職者等の個別申請マニュアル[PDFファイル/957KB]

※申請書の表に、退職された事業所の勤務証明が必要です。

3.印刷していただき、県障害福祉課へ送付してください。その際、下記書類も申請書の裏面に貼付をお願いします。

・運転免許証の写し等、「退職者等の個別申請マニュアル」に記載されている本人確認書類

・振込口座番号などが分かる通帳やキャッシュカードの写し

●郵送先
〒850-8570
長崎市尾上町3-1
長崎県障害福祉課自立就労支援班 新型コロナウイルス感染症対策支援 担当

4.県から交付決定通知が届きます。

5.指定の口座に交付決定額が振り込まれます。

1.感染症対策徹底支援事業(事業のご紹介)

  • 事業内容

 令和2年4月1日以降、感染症対策を徹底した上で、サービスを提供するために必要なかかり増し経費を、支援額の範囲で県が補助する。

  • 支援対象サービス及び支援額

    支援対象サービス及び支援額[PDFファイル/297KB]

  • 支援対象者

    令和2年4月1日以降、感染症対策を徹底した上で、サービスを提供するために必要なかかり増し経費が発生した障害福祉サービス施設・事業所等

    ※令和2年4月1日から令和3年3月31日までに支出した、または支出予定のものが対象となります。
    ※実績報告時に領収書等の支出されたことを証明するものが必要となりますので、ご留意ください。

  • 支援対象経費の例

    ・ 衛生用品等の感染症対策に要する物品購入費用
    ・ 外部専門家等による研修の実施に要する費用
    ・ (研修受講等に要する)旅費、宿泊費等
    ・ 感染発生時対応・衛生用品保管等に柔軟に使える多機能型簡易居室の設置に要する費用
    ・ 感染防止を徹底するための面会室の改修費
    ・ 建物内外の消毒費用・清掃費用
    ・ 感染防止のための増員のため発生する追加的人件費
    ・ 感染防止のための増員等、応援職員に係る職業紹介手数料
    ・ 自動車の購入又はリース費用
    ・ タブレット等のICT機器の購入又はリース費用
    ・ 普段と異なる場所でのサービスを実施する際の賃料・物品の使用料
    ・ 普段と異なる場所でのサービスを実施する際の職員の交通費、利用者の送迎に係る費用
    ・ 居宅介護職員による同行指導への謝金
    ・ 医療機関や保健所等とのクラスター発生時等の情報共有のための通信運搬費

2.在宅サービス事業所による利用者への再開支援への助成事業(事業のご紹介)

  • 事業内容

 令和2年4月1日以降、計画相談支援事業所、障害児相談支援事業所及び在宅サービス事業所が、サービス利用休止中の利用者への利用再開支援を実施した場合に必要となる経費について、支援額の範囲で県が補助する。

  • 支援対象サービス及び支援額

    支援対象サービス及び支援額[PDFファイル/150KB]

  • 支援対象者

     令和2年4月1日以降、サービス利用休止中の利用者への利用再開支援を行った計画相談支援事業所及び障害児相談支援事業所並びに通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所、訪問系サービス事業所及び地域移行支援事業所

    ※令和2年4月1日から令和3年3月31日までに支出した、または支出予定のものが対象となります。

  • 支援対象経費

    具体的な取組内容は、次の(ア)及び(イ)のとおり。

    (ア)計画相談支援事業所及び障害児相談支援事業所における取組内容
     在宅サービスの利用を休止している利用者に対し、健康状態や生活実態の確認、利用を希望するサービスの確認を行った上で、在宅サービス事業所と連携し、必要な対応(感染対策に配慮した形態での実施に向けた準備等)を行う。

    (イ)在宅サービス事業所における取組内容
     在宅サービスの利用を休止している利用者に対し、必要に応じて相談支援専門員と連携の上、健康状態や生活実態、利用を希望するサービスを確認(感染対策に係る要望を含む)し、利用者の要望を踏まえたサービス提供のための調整を行う。

    ※1「在宅サービスの利用休止中の利用者」とは、当該事業所を利用していた利用者で過去1か月の間、当該在宅サービスを1回も利用していない利用者とする。

    ※2「~の確認」とは、1回以上電話または訪問を行うとともに、記録することとする。

    ※3「対応を行う」とは、希望に応じた所要の対応を講じたこととする。

    ※4「調整を行う」とは、1回以上電話等により連絡したこととする。

3.在宅サービス事業所、計画相談支援事業所及び障害児相談支援事業所における感染症対策徹底に向けた環境整備への助成事業(事業のご紹介)

  • 事業内容

 「3つの密」(「換気が悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」及び「間近で会話や発声をする密接場面」)を避けてサービス提供を行うために必要な環境整備に係る費用について、支援額の範囲で県が補助する。

  • 支援対象サービス及び支援額

    支援対象サービス及び支援額[PDFファイル/150KB]

  • 支援対象者

     在宅サービス事業所、計画相談支援事業所及び障害児相談支援事業所

    ※令和2年4月1日から令和3年3月31日までに支出した、または支出予定のものが対象となります。
    ※実績報告時に領収書等の支出されたことを証明するものが必要となりますので、ご留意ください。

  • 支援対象経費の例

    ・ 長机、飛沫防止パネルの購入費
    ・ 換気設備の購入及び設置に要する経費
    ・ 電動自転車等の購入又はリース費用
    ・ タブレット等のICT機器の購入又はリース費用
    ・ 感染防止のための内装改修費

4.障害福祉サービス施設・事業所等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業(事業のご紹介)

  • 事業内容

     障害福祉サービス施設・事業所等に勤務する職員は、感染すると重症化するリスクが高い利用者との接触を伴うこと、継続して提供することが必要な業務であること及び障害福祉サービス施設・事業所等での集団感染の発生状況を踏まえ、相当程度心身に負担がかかる中、強い使命感を持って、業務に従事していることに対し、慰労金を給付する。

  • 支援対象者

    次の(i)及び(ii)に該当する者が対象となる。

    (i)障害福祉サービス施設・事業所等に勤務し、利用者と接する職員

     ※慰労金の支給対象となる地域生活支援事業の対象事業は、通所系、入所系、訪問系、相談系などの障害
    福祉サービスに準じる以下のサービスとなります。
    (市町村事業)
    地域活動支援センター、日中一時支援、盲人ホーム、福祉ホーム、移動支援事業、訪問入浴サービス、障害者相談支援事業、基幹相談支援
    (都道府県事業)
    盲人ホーム、福祉ホーム、盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業

  • (ii)次の1と2のいずれにも該当する職員

    1  障害福祉サービス施設・事業所等で本県における新型コロナウイルス感染症患者1例目が発生した
       令和2年3月14日から令和2年6月30日の間に通算して10日以上勤務した者
    2  「利用者との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」に合致する状況下で働いている職員

    ※慰労金の給付は、医療機関や介護サービス事業所等に勤務する者への慰労金を含め、1人につき1回までに限る。

  • 支援額(1人1回まで)

    ・感染者、濃厚接触者に実際サービスを提供した場合などは、20万円

    ・上記以外は、5万円

    ・各施設・事業所に入金後、対象者に給付してください。なお各施設・事業所の判断で、都道府県からの通知を受領後、入金を待たずに対象者に給付することも可能です。

5.サービス継続支援事業(「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金」以外の事業)

※中核市(長崎市・佐世保市)所在の事業所のご申請については、中核市にお尋ねください。

〇事業内容
(1)障害福祉サービス等事業所のサービス継続支援

  令和2年1月15日以降に、

1.都道府県、保健所を設置する市又は特別区から休業要請を受けた通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所

2.利用者又は職員に感染者が発生した障害福祉サービス等事業所、障害者支援施設等、相談支援事業所(職員に複数の濃厚接触者が発生し、職員が不足した場合を含む)

3.濃厚接触者に対応した短期入所サービス事業所、訪問系サービス事業所、障害者支援施設等

4. 1.から3.以外の障害福祉サービス等事業所、障害者支援施設等であって、当該事業所の職員により、利用者の 居宅においてできる限りのサービスを提供した事業所

が、関係者との緊急かつ密接な連携の下、感染機会を減らしつつ、障害福祉サービスを継続して提供するために必要な経費について、支援額の範囲で県が補助する。

(2)障害福祉サービス等事業所との連携支援

・(1)の1.又は2.の障害福祉サービス等事業所、障害者支援施設等、相談支援事業所
・感染症の拡大防止の観点から必要があり、自主的に休業した障害福祉サービス等事業所

の利用者に必要なサービスを確保する観点から、当該事業所・施設等の利用者の積極的な受け入れや職員が不足した場合に応援職員の派遣を行った連携先の障害福祉サービス等事業所、障害者支援施設等、相談支援事業所に対して、緊急かつ密接な連携を実施することに伴い必要な経費について、支援額の範囲で県が補助する。

〇支援対象サービス及び支援額

支援対象サービス及び支援額[PDFファイル/167KB]

〇支援象経費の例
(1)障害福祉サービス等事業所のサービス継続支援
ア. 事業所・施設等の消毒・清掃費用
イ.マスク、手袋、体温計等の衛生用品の購入費用
ウ.事業継続に必要な人員確保のための職業紹介料、(割増)賃金・手当、旅費・宿泊費、損害賠償保険の加入費用等
エ.連携先事業所への利用者の引き継ぎ等の際に生じる、障害福祉サービス等の報酬では評価されない費用
オ.送迎を少人数で実施する場合に緊急かつ一時的に必要となる車のリース等の費用(リース費用については、レンタカーだけではなく、連携事業所や職員の自家用車等をリース契約するなど柔軟な対応が可能)
カ.通所しない利用者宅を訪問して健康管理や相談援助等を行うため緊急かつ一時的に必要となる車のリース等の費用(リース費用については、レンタカーだけではなく、連携事業所や職員の自家用車等をリース契約するなど柔軟な対応が可能)
キ.ICTを活用し、通所しない利用者に対して健康管理や相談援助等を行うための利用者用タブレットのリース等費用(通信費用は除く。)

(2)障害福祉サービス等事業所との連携支援
ア.追加で必要な人員確保のための職業紹介料、(割増)賃金・手当、旅費・宿泊費、損害賠償保険の加入費用等
イ.利用者引き継ぎ等の際に生じる、障害福祉サービス等の報酬上では評価されない費用
ウ.職員を応援派遣するための諸経費(職業紹介料、(割増)賃金・手当、旅費・宿泊費、損害賠償保険の加入費用等)

〇申請時期

令和3年3月末まで

〇申請方法、申請様式

1.下記様式をダウンロードしてください。

様式第1号[Excelファイル/93KB]

2.「様式第1号」ファイルに必要事項をご入力ください。

※入力にあたっては、申請書ファイルにある「本申請書の使い方」シートをご熟読ください。

3.印刷及び代表者印を押印のうえ、県障害福祉課へ紙媒体を送付してください。
また、データを下記メールアドレス宛送付をお願いします。

●郵送先
〒850-8570
長崎市尾上町3-1
長崎県障害福祉課自立就労支援班 新型コロナウイルス感染症対策支援 担当

●メールアドレス
shougaifukusi-jiritusien@pref.nagasaki.lg.jp

4.県から交付決定通知が届きます。
※別途「請求書」のご提出についてご案内します。

5.指定の口座に交付決定額が振り込まれます。

6.「5.」の1ヶ月以内に実績報告書類をご提出いただきます。

※提出書類については、別途ご案内します。

参考資料

感染症支援金・再開支援・慰労金 実施要綱(厚生労働省)[PDFファイル/380KB]

 サービス継続支援事業 実施要綱(厚生労働省)[PDFファイル/178KB]

感染症支援金・再開支援・慰労金 概要[PDFファイル/701KB]

サービス継続支援事業事業 概要[PDFファイル/295KB]

厚生労働省ホームページ(Q&A集あり)

長崎県障害福祉サービス施設・事業所等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業にかかる慰労金交付要領[PDFファイル/960KB]

長崎県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)実施要綱(補助金)[PDFファイル/304KB]

長崎県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)実施要領(補助金)[PDFファイル/605KB]

このページの掲載元

  • 障害福祉課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2451
  • ファクシミリ:095-823-5082
先頭に戻る

メニュー