長崎県

自立支援医療【精神通院医療】受給者証の有効期間の延長について


2020年6月1日更新

【受給者のみなさまへ】

令和2年4月30日付け厚生労働省通知を受け、長崎県では、精神通院医療の受給者証について、次のとおり対応することとします。

  • 現在お持ちの自立支援医療受給者証(精神通院)(以下「受給者証」という。)の有効期間が令和2年5月から令和3年2月までの間に満了する方については、申請手続をすることなく受給者証の満了日が1年間延長されます(お持ちの受給者証はそのまま御利用可能です)。
  • 令和2年3月から4月までの間に有効期間が満了する受給者証をお持ちで、再申請をしていない方についても、受給者証の満了日が1年間延長されます(お持ちの受給者証はそのまま御利用可能です)。
  • 現在既に再申請をされている場合は通常どおり書類審査を経て受給者証の交付の可否を決定します。
  • 新規申請、県外転入申請、変更申請(届出)については、通常どおり申請(届出)が必要です。

受給者の皆様におかれましては、必要に応じてこのお知らせを医療機関で提示いただき、期間延長等の措置があることをお伝えいただきますようお願いいたします。

 

【医療機関のみなさまへ】

自立支援医療 【精神通院医療】について

自立支援医療受給者証(精神通院医療)の有効期間の延長のお知らせのとおり、有効期間を読みかえて対応いただきますようお願いいたします。

 

 ※自立支援医療(更生医療)については、市町の障害福祉担当課へおたずねください。

  自立支援医療(育成医療)については、育成医療のページに市町の担当課を掲載しておりますので、おたずねください。

このページの掲載元

  • 障害福祉課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2451
  • ファクシミリ:095-823-5082
先頭に戻る

メニュー