長崎県

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分)について

~専用ダイヤルの設置~

  • 長崎県慰労金・支援金コールセンターを設置しました。
    事業内容、申請方法、申請書の書き方等で不明な点がありましたら、下記電話番号へお電話ください。
    その際は、介護分での問い合わせとお申し付けください。

    <長崎県支援金・慰労金コールセンター> 
     電話番号 095-894-3190(直通)
     メールアドレス kaigo-iroukincenter@pref.nagasaki.lg.jp

事業内容

    介護サービスは高齢者やその家族の生活を支え、高齢者の健康を維持する上で不可欠なものであり、重症化リスク
    が高い高齢者に対する接触を伴うサービスであるという特徴を踏まえ、最大限の感染症対策を継続的に行いつつ、
    必要なサービスを提供する体制を構築する必要があるため、事業所への支援や職員への慰労金を支給します。

感染症対策を徹底した上での介護サービス提供支援事業

介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業

  • 事業内容

    介護サービス事業所・施設等に勤務する職員は、感染すると重症化するリスクが高い利用者との接触を伴うこと、
    継続して提供することが必要な業務であること、及び介護施設・事業所での集団感染の発生状況を踏まえ、相当程度心身に負担がかかる中、強い使命感を持って、業務に従事していることに対し、慰労金を給付する。

  • 支援対象サービス

    支援対象サービス一覧(慰労金)[PDFファイル/3KB]

  • 支援対象者

    次の(i)及び(ii)に該当する者が対象となる。

    (i)介護サービス事業所・施設等に勤務し、利用者と接する職員

    (ii)次の1と2のいずれにも該当する職員

    1  介護サービス事業所・施設等で本県における新型コロナウイルス感染症患者1例目が発生した令和2年3月14
       日から令和2年6月30日の間に通算して10 日以上勤務した者
    2  「利用者との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」に合致する状況下で働いている職員

    ※慰労金の給付は、医療機関や障害福祉施設等に勤務する者への慰労金を含め、1人につき1回までに限る。

  • 支援額(1人1回まで)

    ・感染者、濃厚接触者に実際サービスを提供した場合などは、20万円

    ・上記以外は、5万円

介護サービス再開に向けた支援事業

手続き等

  • 申請期間

    令和2年7月21日から令和3年2月28日まで

    ※ただし、申請期間中の各月15日から末日までの間に申請を行ってください。

  • 申請方法

    (長崎県国民健康保険団体連合会に対して、介護報酬の請求可能な事業所・施設等の申請方法)

    電子請求受付システムによるインターネット申請を行ってください。なお、インターネット申請を行ったことがない事業所については、国保連が本システムの「ID、仮パスワード」を発行することでインターネット申請が可能です。
    ※インターネット申請ができない事業所に限り、電子媒体(CD)による申請も可能です。

    電子請求受付システム(外部サイトへ移動します。)

    (長崎県国民健康保険団体連合会に対して、介護報酬の請求ができない事業所・施設や個人等の申請方法)

    長崎県長寿社会課(長崎市尾上町3-1)宛て書面にて、申請を行ってください。

  • 申請書様式

    申請書様式(共通)[ZIPファイル/97KB]

     ※申請書の様式については、ZIPファイル化しておりますので、ダウンロードのうえご使用ください。

    代理受領委任状[Wordファイル/18KB]

    慰労金申請書(個人用)[PDFファイル/175KB]

    ※個人で申請を行う場合は、申請時に前職場からの勤務証明が必要ですので、ご留意ください。

    事業所・施設等申請マニュアル(介護分)[PDFファイル/1MB] (8月3日掲載)

  • 請求書様式

    申請様式により、感染症対策を徹底した上での介護サービス提供支援事業、または介護サービス再開に向けた支援事業の申請を行った場合は、県からの交付決定通知の送付後に請求書の提出が必要となります。
    ※介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業のみの申請を行っている場合は、提出不要です。

    1.国保連経由で申請した場合(押印不要)
    請求書様式(国保連経由で申請分)[Wordファイル/29KB]

    2.県へ直接申請した場合(押印要)
    請求書様式(県へ直接申請分)[Wordファイル/31KB]

  • 口座振込依頼書様式

    申請様式により、県へ直接 介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業の申請を行った場合は、県からの交付決定通知の送付後に口座振込依頼書の提出が必要となります。
    ※以下1・2の場合は提出不要です。
    1.国保連経由で申請を行っている場合
    2.感染症対策を徹底した上での介護サービス提供支援事業及び介護サービス再開に向けた支援事業の申請のみを行っている場合
    口座振込依頼書様式[Wordファイル/13KB]

  • 委任状様式

    申請者名と振込先の口座名義人が異なる場合(口座名義人に事業所・施設名が入っている場合も含む)は、委任状の提出が必要となります。
    ※県に直接申請した場合に限る。
    委任状様式[Wordファイル/13KB]

  • 実績報告書様式

    1.慰労金の実績報告について

    県から給付決定があり、慰労金の支払いを受けた各介護サービス事業所・施設等において、従事者への慰労金の給付が終了した後、おおむね1か月以内に、各介護サービス事業所・施設等は、県長寿社会課に対して、慰労金の給付についての実績報告書を郵送で提出してください。

    (実績報告書と添付する書類)
    1.実績報告書様式(慰労金)[Wordファイル/48KB]
    2.実績報告添付書類(慰労金:様式第5~6号)[Excelファイル/63KB]
    3.委託会社等の介護従事者等を含めて、従事者一人一人に申請額と同額の給付が行われていることが確認できる書類
    4.振込に要した振込手数料が確認できる書類(銀行口座への振込の場合のファームバンキングの振込記録、現金での受け渡しの際の自署又は押印された受受領簿の写しなど

    2.支援金の実績報告について

    県から交付決定があり、支援金の支払いを受けた各介護サービス事業所・施設等において、支援金の支出実績が補助金額を超えた際は、おおむね1か月以内に、各介護サービス事業所・施設等は、県長寿社会課に対して、支援金の交付についての実績報告書を郵送で提出してください。

    (実績報告書と添付する書類)
    1.実績報告書様式(支援金)[Wordファイル/48KB]
    2.実績報告添付書類(支援金:様式第4~6号)[Excelファイル/56KB]
    3.任意様式:歳入歳出決算見込書抄本[Excelファイル/28KB]
    4.その他参考となる書類
      対象経費の納品書(物品の場合)
      対象経費の写真(消耗品、人件費を除く)
      対象経費の支出状況に係る証憑(領収書等)
      利用者への再開支援の記録等、事業の対象であることがわかる証憑 等

よくあるお問い合わせに対するQ&Aついて

参考資料

このページの掲載元

  • 長寿社会課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2431
  • ファクシミリ:095-895-2576
先頭に戻る

メニュー