長崎県

上五島地区の飲食店の皆さまへ


2020年10月28日更新

「望まない受動喫煙」を防ぐために、健康増進法の一部改正により、2020年4月1日から飲食店やホテル・旅館等が
原則屋内禁煙となりました。

喫煙を可能とする場合の特例

以下の条件を満たす飲食店については、届出をいただくことで「既存特定飲食提供施設」として「喫煙可能室」の設置が可能となります。

「喫煙可能室」を設置するための条件

  • 2020年4月1日以前から営業している
  • 資本金5,000万円以下
  • 客席面積100平方メートル以下

「喫煙可能室」設置店に係る義務

「喫煙可能室」を設置する場合は以下のページの項目をお守りください。
喫煙可能室を設置した場合【PDFファイル/28KB】

標識

以下のページより標識をダウンロードし、掲示してください。
標識の一覧|なくそう!望まない受動喫煙。(厚生労働省のホームページ)

届出様式

保健所に「喫煙可能室の設置」の届出をお願いします。
喫煙可能室設置施設 届出証(附則様式第1号)【PDFファイル/79KB】

「既在特定飲食提供施設「喫煙可能室」設置の届出のページには、ワードファイルもあります。

配慮義務

喫煙者に対して「喫煙をする際の配慮義務」、施設の管理者に対して「喫煙場所(灰皿等を含む)を設置する場合の
 配慮義務」が課せられています。

  • 喫煙をする際の配慮義務(喫煙者)
    屋外であっても、できるだけ周囲に人がいない場所で喫煙をするように配慮すること
  • 喫煙場所を設置する際の配慮義務(施設管理者)
    出入口付近や利用者が多く集まる場所には設置しないこと

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー