新型コロナワクチンの4回目接種について

接種が受けられる期間

 令和4年5月25日から令和4年9月30日までの予定です。

接種対象

新型コロナワクチンの追加接種(4回目接種)の対象は、3回目接種から5か月以上が経過した方のうち、以下のいずれかに該当する方です。

  1. 60歳以上の方
  2. 18歳以上60歳未満で
     ・基礎疾患を有する方                   
     ・その他新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方
     ・医療従事者及び高齢者施設等の従事者

※対象者については、厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」もご覧ください。

接種するワクチン

1~3回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン(ファイザー社又は武田/モデルナ社のワクチン)を使用します。3回目接種と同様に、ファイザー社のワクチンは初回接種(1・2回目)と同量、武田/モデルナ社のワクチンは初回接種(1・2回目)の半量を接種します。

※アストラゼネカ社、ノババックス社のワクチンは4回目接種には使用できませんので、ご留意ください。

接種が受けられる場所

原則として、住民票所在地の市町(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。

 なお、やむを得ない事情で住所地でのワクチン接種が出来ない方は、住所地以外で受けることができる場合があります。
 具体的な手続きは、お住まいの市町の相談窓口におたずねください。

各市町の相談窓口一覧(令和4年2月1日時点)[PDFファイル/5KB]

【住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができる方の例】
  1. 入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
  2. 通所による介護サービス事業所等の利用者で、その事業所等で行われるワクチン接種を受ける方
  3. 基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方
  4. 副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が必要な方
  5. 市町外の医療機関からの往診により、在宅でワクチン接種を受ける方
  6. 災害による被害にあった方
  7. 都道府県等の設置する大規模接種会場等で接種を受ける方
  8. 職域接種でワクチン接種を受ける方
  9. お住まいが住所地と異なる方

  ※上記1から8の方については、住所地外接種の手続きは不要です。

接種を受けるための手続き

以下のような方法で接種を受けることになります。

  1. 60歳以上の方
    お住まいの市町から郵送される接種券を接種会場に持参してください。
  2. 60歳未満で接種対象となる方
    該当するかどうかについて、基礎疾患等で医療機関を受診している方や、事前に相談できる医療機関がある方は、その医療機関の医師にご相談ください。事前に相談できる医療機関がない方は、接種会場の予診の際にご相談ください。なお、4回目接種券の配布方法は、自治体によって異なります。お住まいの市町からのお知らせをご確認ください。

国からの通知・事務連絡

厚生労働省HPhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

このページの掲載元

  • 感染症対策室
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎市尾上町3-1
  • 電話番号 095-895-2466
  • ファックス番号 095-895-2573