副反応疑い報告の状況について

このページを印刷する

 厚生労働省では、ワクチン接種後に生じた副反応を疑う事例について、医療機関に報告を求め、収集しています。収集された事例については、「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」「薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会」において、評価し、結果を公表するなどし、情報提供などを行っています。今回、県では12月1日から追加接種も開始することから、初回接種の情報提供として公表しております。

  • 副反応疑い報告の状況(全国)                                                                           ※令和3年11月12日開催 第72回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会の資料より

   ・コミナティ筋注(ファイザー社) 24,766件(うち死亡報告件数 977件)                                            

   ・モデルナ筋注(武田/モデルナ社) 3,737件(うち死亡報告件数  40件)

  • 長崎県に情報提供のあった副反応疑い報告件数(令和3年11月30日時点)

   ・コミナティ筋注(ファイザー社) 486件(うち死亡報告件数 17件)

   ・モデルナ筋注(武田/モデルナ社)  8件(うち死亡報告件数  0件)

【件数に関する留意点】                                                                                    ※あくまでも医療機関から、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に報告がなされたものとして、厚生労働省から本県に情報提供があっ た件数です。                                                                                          ※ワクチンと因果関係がはっきりしない事例も含めて、幅広く報告された件数であることにご留意ください。

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-824-1111
  • ファックス番号 095-895-2573