新型コロナワクチンの3回目接種について

接種が受けられる期間

 令和3年12月1日から令和4年9月30日までの予定です。

接種対象

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下を全て満たす方全員です。

 1.2回目接種を完了した日から、5ヶ月以上経過した方。

 ※ただし、追加接種(3回目)に武田社(ノババックス)ワクチンを使用する場合は、2回目接種完了した日から6ヶ月以上経過した方

 2.12歳以上の方

 3.日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種※が完了している方

 ※次の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼ
 ネカ社、武田社(ノババックス)のいずれかを接種している場合に限ります。

  • 海外で2回接種した方
  • 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  • 在日米軍従業員接種で2回接種した方
  • 製薬メーカーの治験等で2回接種した方

 詳しくは、厚生労働省新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。

特に接種をお勧めする方

  • 高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方」
  • 重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」
  • 医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス暴露リスクが高い方」

接種ワクチンと接種対象年齢

初回接種に接種したワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社、武田/モデルナ社、武田社(ノババックス)ワクチンのいずれかを使用します。

  • ファイザー社のワクチン:12歳以上の方が対象です。
  • 武田/モデルナ社のワクチン:18歳以上の方が対象です。なお、追加接種では、初回接種の半量を接種します。
  • 武田社(ノババックス)のワクチン:18歳以上の方が対象です。

 妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方にとってもワクチン接種はメリットがあるため、接種をご検討ください。
 詳しくは、厚生労働省新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。


〇追加(3回目)接種に使用するワクチンのお知らせ(65歳以上の方へ)リーフレット

新型コロナワクチンについて(3回目)[PDFファイル/6MB]

新型コロナワクチン(3回目)広報[PDFファイル/757KB]

追加接種(3回目接種)の効果

追加接種のオミクロン株に関する効果

キャプチャ.PNG1

交互接種の効果

キャプチャ.PNG02

交互接種について

追加接種に使用するワクチンは、初回接種に用いたワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社、武田/モデルナ社、武田社(ノババックス)を用いることが適当であるとされています。

日本では現在、いずれのワクチンも薬事承認されており、ファイザー社は12歳以上、武田/モデルナ社、ノババックス社は18歳以上の方を対象に順次、追加接種が進められています。初回接種において、ファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社、又はノババックス社のワクチンを受けた場合、追加接種では初回接種時に用いたワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社、武田/モデルナ社、武田社(ノババックス)のワクチンのいずれかを使用することが可能です。

なお、諸外国でも、初回接種で使用されたワクチンの種類にかかわらず、追加接種でmRNAワクチンを推奨する国が多く、また、初回接種と追加接種で異なるワクチンの使用(交互接種)を認めている国は、米国を始め複数あります。

※出典:厚生労働省新型コロナウイルスワクチンQ&A(外部ページへ移動します)

接種が受けられる場所

原則として、住民票所在地の市町(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。

 なお、やむを得ない事情で住所地でのワクチン接種が出来ない方は、住所地以外で受けていただくことができる場合があります。
 具体的な手続きは、お住まいの市町の相談窓口におたずねください。

各市町の相談窓口一覧(令和4年2月1日時点)[PDFファイル/5KB]

【住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができる方の例】
  1. 入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
  2. 通所による介護サービス事業所等の利用者で、その事業所等で行われるワクチン接種を受ける方
  3. 基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方
  4. 副反応のリスクが高い等のため、医師の判断により、体制の整った医療機関での接種が必要な方
  5. 市町外の医療機関からの往診により、在宅でワクチン接種を受ける方
  6. 災害による被害にあった方
  7. 都道府県等の設置する大規模接種会場等で接種を受ける方
  8. 職域接種でワクチン接種を受ける方
  9. お住まいが住所地と異なる方

  ※上記1から8の方については、住所地外接種の手続きは不要です。

接種を受けるための手続き

以下のような方法で接種を受けることになります。

  1. 市町から追加接種用の「接種券」と「新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ」が届きます。(※1)(※2)
  2. ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。(※3)
  3. 電話やインターネット等で予約をしてください。
  4. ワクチンを受ける際には、市町より郵送される「封筒の中身一式」と「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。
  5. 当日は、速やかに肩を出せる服装でお越しください。

(※1)追加接種の接種券発送スケジュールや予約受付開始時期などは、市町により異なることがあります。

(※2)次のような方で、2回目の接種を完了した日から8か月以上経っていても接種券が届いていない方は、現在お住まいの市町に接種券の
     発行申請を行なってください。

  • 初回接種(1回目・2回目接種)の後に転居された方
  • 海外在留法人向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  • 在日米軍従業員接種で2回接種した方
  • 製薬メーカーの治験等で2回接種した方
  • 海外で初回接種(1回目・2回目接種)を受けた方

(※3)医療従事者等は、勤務先の医療機関で接種を受けられる場合もあります。詳しくは勤務先にご確認ください。

新型コロナワクチン3回目接種に関するメッセージ動画について 

堀内ワクチン接種推進担当大臣等の、新型コロナワクチン3回目接種に関するメッセージ動画が公開されておりますので、お知らしせします。

動画掲載サイト(外部ページへアクセスします)

長崎市が長崎大学病院の森内浩幸教授へお話を伺い、追加接種に対する疑問点などをまとめた動画を制作されておりますので、お知らせします。

動画掲載サイト(外部ページへアクセスします)

国からの通知・事務連絡

厚生労働省HPhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

このページの掲載元

  • 感染症対策室
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎市尾上町3-1
  • 電話番号 095-895-2466
  • ファックス番号 095-895-2573