感染症流行状況

感染症発生動向調査に基づき、医療機関から寄せられた感染症発生の情報をお知らせすることにより流行の拡大防止を図ります。

<県央保健所管内の感染症発生状況>

1.全数把握感染症(結核を除く)

県央保健所管内の全数把握感染症

 

情報提供日

2019年・2020年・2021年累計

1類感染症

【46週】

報告なし

報告なし

2類感染症

【46週】

報告なし

報告なし

3類感染症

【46週】

報告なし

 

【2021年 12件】 腸管出血性大腸菌感染症12

【2020年 3件】 腸管出血性大腸菌感染症3

【2019年 3件】 腸管出血性大腸菌感染症3(うち無症状保菌者1)

4類感染症

【46週】

報告なし

【2021年 7件】 レジオネラ症2、日本紅斑熱2、ツツガ虫病1、SFTS2

【2020年 9件】 レジオネラ症6、日本紅斑熱3

【2019年 11件】 レジオネラ症6、日本紅斑熱2、チクングニア熱2、SFTS1

5類感染症

【46週】報告なし

 

【2021年 23件】  梅毒6、侵襲性肺炎球菌感染症2、劇症型溶血性レンサ球菌感染症7、後天性免疫不全症候群2、侵襲性インフルエンザ菌感染症2、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症2、クロイツフェルト・ヤコブ病1、破傷風1、

【2020年 20件】  侵襲性肺炎球菌感染症9、破傷風1、梅毒5、急性脳炎1、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症2、劇症型溶血性レンサ球菌感染症1、百日咳1

【2019年 48件】 急性脳炎2、百日咳14、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症1、水痘(入院例に限る)4、侵襲性肺炎球菌感染症10、梅毒7、播種性クリプトコックス症2、薬剤耐性アシネトバクター感染症4、ウイルス肝炎1、風しん1、アメーバ赤痢1、後天性免疫不全症候群(HIV含む)1

 2.定点把握感染症

2021年感染症発生動向(週報グラフ)[Excelファイル/419KB]

長崎県感染症発生動向速報(週報)[PDFファイル/446KB]

長崎県感染症発生動向速報(月報)[PDFファイル/261KB]

厚生労働省 インフルエンザ総合ページ(厚生労働省ホームページに移動します。)

2019年感染症発生動向[PDFファイル/334KB]

2018年感染症発生動向[PDFファイル/106KB] 

2020年感染症発生動向[PDFファイル/332KB]

3.医療機関からの感染症発生届出

感染症の予防及び感染症の患者に関する法律(以下、感染症法)第12条第1項及び第14条第2項に基づき感染症発生の届出を医療機関が提出する必要があります。

届出基準:届出様式(厚生労働省ホームページに移動します。)

<県内、国内の感染症流行状況>

県内の感染症発生状況(長崎県感染症情報センターホームページに移動します。)

感染症発生動向調査速報(長崎県感染症情報センターホームページに移動します。)

国内の感染症発生状況(国立感染症研究所ホームページに移動します。)

このページの掲載元