長崎県

新型コロナウイルス感染症について


2020年7月31日更新

新型コロナウイルス感染症とは?

過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。

どうやって感染するの?
 現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

  1. 飛沫感染
    感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染する。
    ※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

  2. 接触感染
    感染者がくしゃみや咳を手で押さえる⇒その手で周りの物に触れて、ウイルスが付く⇒別の人がその物に触ってウイルスが手に付着⇒その手で口や鼻を触って粘膜から感染
    ※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど 

予防・対策

新型コロナウイルスに感染しないようにするためには?
  1. 手洗い
    ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

  2. 普段の健康管理
    普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

  3. 適度な湿度を保つ
    空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度 (50‐60%)を保ちます。 

    ほかの人にうつさないようにするためには?
      くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、咳エチケットを心がけましょう。

     ※
    咳エチケットとは? 
     ・マスクを着用する。
     ・マスクをもっていない場合は、ハンカチ、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて
      1m以上離れる。
     ・鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗う。
     ・咳をしている人にマスクの着用をお願いする。
     
       ※感染しないため・感染を拡げないためのポイントをまとめたリーフレットです。
        県南保健所住民啓発チラシ(令和2年2月25日改訂版)[PDFファイル/29KB]

       ※集団発生の防止へご協力のお願いです。
        集団発生防止へご協力のお願い(厚生労働省ホームページ)[PDFファイル/1MB]

      ※手洗い・マスク・咳エチケットの詳細は下記のファイルをご覧ください。
        手洗い・マスク・咳エチケットチラシ(首相官邸ホームページ)[PDFファイル/899KB]

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

  1. 相談・受診の前に心がけていただきたいこと

    発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
    発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
    基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

  2. 帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安

    以下のいずれかに該当する場合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

    (1)息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

    (2)重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状のいずれかがある場合
     ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

    (3)上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
     (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

    妊婦の方へ
    妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

    お子様をお持ちの方へ
    小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

    ※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に診断します。

    ※PDFファイルはこちら(相談・受診の目安(令和2年5月8日改訂)[PDFファイル/6KB]

  3. 相談後、医療機関にかかるときのお願い

    ・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
    ・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

帰国者・接触者相談センター

新型コロナウイルス感染症が疑われる方に、診療体制等の整った医療機関を受診していただき、適切な医療の提供と感染症の拡大防止を目的に専用窓口を開設しています。

  •  県内の帰国者・接触者相談センター 

      島原市・南島原市・雲仙市にお住いの方

      連絡先:0957-62-3289(県南保健所 地域保健課)

     相談時間:平日9時から17時30分まで

     ※土曜日・日曜日・祝祭日は長崎県相談センター(070-4223-4371,070-2667-3211)へご相談ください。
       ※相談時間は9時から17時30分までです。

    上記以外の地域にお住いの方は最寄りの保健所にご相談ください。      
         

県南保健所相談窓口

  • 県南保健所では、新型コロナウイルスについて心配なことや不安なことがある場合の相談窓口を設置しています。
  • 相談時間:平日9時から17時45分まで
  • 連絡先:0957-62-3289(県南保健所 地域保健課)

    緊急時の相談窓口:上記の電話番号おかけください。担当者に伝わるようになっています。

  • よくある問い合わせについては以下のファイルをご参照ください。

   新型コロナウイルス感染症Q&A(令和2年2月22日時点版)[PDFファイル/453KB]

   新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)(厚生労働省ホームページへリンクします) 

医療機関のみなさまへ

行政検査を依頼される場合は、下記の資料をご一読ください。

【事務連絡】新型コロナウイルス感染症に関する行政検査について(令和2年2月27日)[PDFファイル/136KB]

★検体採取・輸送マニュアル R2.6.2[PDFファイル/328KB]

新型コロナウイルス感染症に対する感染管理 R2.6.2[PDFファイル/256KB]

検体の提出の際には、検体と併せて検査票の提出をお願いします。
検査票[Excelファイル/50KB]

参考リンク集

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー