長崎県

県南保健所管内感染症情報1週をお知らせします


2018年1月12日更新
  1. 1週【A型】医師会インフルデータ[PDFファイル/118KB]1週【B型】医師会インフルデータ[PDFファイル/122KB]南高医師会、島原医師会のご協力をいただき、県南保健所管内旧町別のインフルエンザ患者数をお知らせしています。1週は914名の患者さんの報告があり、定点あたり43.00人で警報レベルになりました。県の定点あたりの報告数は26.04人で警報レベル継続中です。感染予防のため手洗い、うがい及び咳エチケットの励行をお願いします。
  2. 感染症情報
    1週感染症情報[PDFファイル/128KB]県内での上位3疾患は、インフルエンザ、感染性胃腸炎、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎となっています。管内での上位3疾患は、インフルエンザ、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎となっています。管内では37週よりA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が増加し警報レベルです。好発年齢は5歳から15歳で、鼻汁、唾液中の菌を含む飛沫によりヒトからヒトへ感染します。突然の発熱で始まり、咽頭痛、全身倦怠感、時に皮疹もあります。手洗いうがいを励行し、感染予防に努めるとともに、症状が出た場合は早めに医療機関を受診しましょう。
  3. 長崎県感染症発生動向速報
    週報概要(1週)[PDFファイル/516KB]平成30年1週速報です。B型の患者数がA型患者数を上回りました。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー