長崎県

HIV検査・性感染症検査


2019年11月13日更新

エイズ・HIVについて

エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス、いわゆるエイズウイルス)に感染することで引き起こされる病気です。
HIVに感染しても症状がほとんどなく、感染しているかどうかは検査を受けないと分かりません。
感染の心配や不安のある方は1人で悩まずに、相談や検査をしてください。

HIV検査を受けるタイミング

HIV検査は、ウイルスが血液の中に入ってできる『抗体』の有無を調べます。
HIVに感染した場合、通常3週間から4週間後からHIV抗体が検出されるようになります。
HIV抗体が体内に作られる時期や抗体の量には個人差がありますので、感染したと思われる日から3ヶ月
以上経過した後に検査を受けることをお勧めします。

梅毒について

梅毒とは、梅毒トレポネーマという原因菌が性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)によってうつる感染症です。感染すると全身に様々な症状がでますが、早期の薬物治療で完治が可能です。
ただし、検査や治療が遅れたり、放置すると長時間の経過で脳や心臓に重大な合併症を起こすことがあります。
時には無症状で進行することもあるため、完治したことを確認しないまま途中で治療を中断してしまわないことが重要です。
また、完治しても感染を繰り返すことがあり、再度感染しないよう予防が必要です。
検査は、感染した後に体の中で作られる抗体を調べますので、感染機会から5週間以上経ってから検査を受けてください。

相談

月曜日から金曜日の午前9時から午後5時45分まで(土日、祝・祭日は除きます)

検査

予約制
検査を受ける日時は、予約時に確認します。
 

その他

検査は無料、匿名です。
検査結果は2週間かかります。
検査結果は、保健所で直接ご本人へお伝えします。

性感染症に感染している人は、感染していない人に比べてHIVに感染する可能性が非常に高くなります!!
HIV・性感染症を防ぐために必ずコンドームを使用しましょう。

上五島保健所では、エイズ・性感染症に関する健康教育を実施します。
希望される場合は、ご連絡ください。
連絡先  上五島保健所 企画保健課
電話    0959-42-1121

HIV検査、性感染症に関する情報は下記のホームページにも記載されています。

HIV検査相談マップ(外部サイトへ移動します)

エイズ予防情報ネット(外部サイトへ移動します)

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー