長崎県

上五島保健所感染症情報


2017年5月18日更新

感染症発生動向

 上五島保健所管内の定点医療機関から、毎週報告をいただいている感染症についての情報です。
ご活用ください。毎週、最新情報に更新予定です。

週報概要(17-19w)[PDFファイル/442KB]

1. 長崎県感染症発生動向調査速報
長崎県感染症情報センターが、県内の状況をとりまとめたものです。

2.都道府県の保健所別の定点当たり報告数と警報・注意報レベル状況
個別の感染症について、県内の各保健所毎の状況を、過去10週にわたり表したものです。

3.保健所の定点当たり報告数と警報・注意報レベル状況
長崎県上五島保健所管内について、各感染症毎の状況を、過去10週にわたり表したものです。

定点当たり患者数による観察

1.定点当たり患者数

定点当たり患者数とは、定点医療機関として選定されている医療機関からの報告患者数を、定点医療機関数で除したものです。定点当たり患者数の増減を観察することにより、流行状況を把握します。なお、定点医療機関とは、下記の感染症患者を診断された場合に、週毎に報告をいただく医療機関です。

2.定点医療機関数

(定点名称)
報告対象疾患

上五島保健所管内 長崎県 全国
(インフルエンザ定点)
インフルエンザ
3箇所 70箇所 約4,900箇所
(小児科定点)
RSウィルス感染症
咽頭結膜熱
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
感染性胃腸炎
水痘
手足口病
伝染性紅斑
突発性発疹
百日咳
ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎
2箇所 44箇所 約3,100箇所
(眼科定点)
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
無し 8箇所 約650箇所
(基幹定点)
細菌性髄膜炎
無菌性髄膜炎
マイコプラズマ肺炎
クラミジア肺炎
1箇所 12箇所 約450箇所

目安としての警報・注意報

1.警報・注意報

週単位で発生動向を把握する感染症については、注意報及び警報の基準が定められています。
警報レベルは、大きな流行が発生または継続しつつあると疑われることを指します。
注意報レベルは、流行の発生前であれば今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性が高いこと、流行の発生後であれば流行が継続していると疑われることを指します。

2.警報・注意報レベルの基準値

疾病 警報レベル 注意報レベル
開始基準値 終息基準値 基準値
インフルエンザ 30 10 10
咽頭結膜熱 3 1
A群溶血性レンザ球菌咽頭炎 8 4
感染性胃腸炎 20 12
水痘 7 4 4
手足口病 5 2
伝染性紅斑 2 1
百日咳 1 0.1
ヘルパンギーナ 6 2
流行性耳下腺炎 6 2 3
急性出血性結膜炎 1 0.1
流行性角結膜炎 8 4

その他の感染情報

感染症の発生状況等を、下記のホームページからご覧になれます。

国立感染症研究所感染情報センター(外部サイトへ移動します)

  長崎県感染症情報センター

海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)(外部サイトへ移動します)

結核予防会結核研究所(外部サイトへ移動します)

うがい、手洗い

感染症を防ぐためには、うがい、手洗いは大事なことです。
下記パンフレットを参考にしてください。
手を洗ってうがいをしていつも健康家族パンフレット[PDFファイル/840KB]

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー