長崎県

感染症発生状況

注意報と警報について

定点医療機関からの患者報告数が一定のレベルを超えた場合、迅速に注意喚起を行うことを目的に、保健所単位で集計し、注意報・警報を発信します。
「注意報」開始基準値および「警報」開始・終息基準値とは、その疾患の『定点医療機関あたり患者報告数』の数値であり、保健所単位で計算します

「注意報」

「注意報」は流行の発生前であれば、「今後、4週間以内に大きな流行が発生する可能性が高いこと」、流行の発生後であれば、「流行が継続している」と疑われることを示します。

「警報」

「警報」は「大きな流行が発生または継続しつつあると疑われること」を示し、「開始基準値」を超えた時点で発令され、「終息基準値」未満まで継続します。

届出疾病と「注意報、警報」値

疾病 警報レベル 注意報レベル
開始基準値 終息基準値 開始基準値
インフルエンザ 30 10 10
RSウイルス感染症
咽頭結膜熱 3 1
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 8 4
感染性胃腸炎 20 12
水痘 7 4 4
手足口病 5 2
伝染性紅斑 2 1
突発性発しん
ヘルパンギーナ 6 2
流行性耳下腺炎 6 2

 感染症発生状況

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー