先天性風しん症候群とは

このページを印刷する

風しんに対する免疫を持たない女性が、妊娠中(特に妊娠初期)に風しんにかかると、胎児が風しんウイルスに感染して
難聴、心臓に病気がある、白内障、発達の遅れ等の障がいをもった赤ちゃんが生まれる可能性があります。
このように、風しんウイルスに感染して障がいを起こす病気を「先天性風しん症候群」といいます。
先天性風しん症候群を持った赤ちゃんは、全ての障がいを持つとは限らず、一つ、二つのみを持つ場合もあり、
気づかれるまでに時間を要することもあります。

このため、特に妊娠中の方は風しんにかからないことが重要であり、可能な限り人混みを避け、不要不急の外出を控えるようにしてください。
また、妊婦の周りにいる人(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、風しんを発症しないように予防に努めて下さい。

 厚生労働省 先天性風しん症候群(新しいウィンドウで開きます)

 国立感染症研究所 先天性風しん症候群Q&A(新しいウィンドウで開きます)

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-824-1111
  • ファックス番号 095-895-2573