関西地方で麻しん(はしか)患者報告数が増加しています

このページを印刷する

現在、関西地方で麻しん(はしか)患者数の増加が報告されています。
今後、麻しん患者の移動等により、広域な地域において患者が発生する可能性がありますのでご注意ください。

麻しん(はしか)とは

 麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症です。
感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れ、2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。
肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。
その他の合併症として、10万人に1人程度と頻度は高くないものの、麻しんウイルスに感染後、特に学童期に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢神経疾患を発症することもあります。

麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、その感染力は非常に強く、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症します。一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。

麻しん(はしか)にかかったかもしれないと思ったら?

発疹、発熱などの麻しんのような症状がある場合、

 ・麻しんの疑いがあることを医療機関に電話等で伝え、受診の要否や注意点を確認して、その指示に従う。

 ・医療機関へ移動する際は、周囲の方への感染を防ぐためマスクを着用し、公共交通機関の利用を可能な限り避ける。

医療機関の皆様へ

 ・発熱や発しんを呈する患者を診察した際は、麻しんの可能性を念頭に置き、海外渡航歴や国内旅行歴を聴取し、
  麻しんの罹患歴および予防接種歴を確認するなど麻しんを意識した診療を行ってください。

 ・麻しんを疑う、または、診断をした場合には、最寄の保健所へ相談、届け出るとともに、麻しんの感染力の強さを
  鑑みた院内感染予防策を講じるようにしてください。

予防接種

 ・予防接種が最も有効な予防法といえます。

 ・定期接種の対象者だけではなく、医療・教育関係者や海外渡航を計画している成人も、麻しんの罹患歴がなく、
  2回の予防接種歴が明らかでない場合は予防接種を検討してください。

海外渡航を考えている方へ

日本は、2015年3月に世界保健機関(WHO)の西太平洋事務局から麻しんの排除状態と認定されました。その一方で依然として多数の患者の報告があるのは、主にアジア及びアフリカ諸国です。中でも、ウクライナ、インド、ブラジル、フィリピン、マダガスカルなどからの報告数が特に多いです。麻しんが多く発生している地域へ渡航される方は、あらかじめ麻しんの予防接種歴を確認し、麻しんの予防接種を2回受けていない場合、又は接種既往が不明の場合には予防接種を受けることを検討してください。

 

参考

  麻しん発生時対応ガイドライン〔第二版:暫定改訂版〕(国立感染症研究所感染疫学センター)

  平成31年2月18日_〔厚生労働省通知〕麻しん発生報告数の増加に伴う注意喚起について(協力依頼)

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-824-1111
  • ファックス番号 095-895-2573