長崎県

腸管出血性大腸菌の予防


2017年8月7日更新

腸管出血性大腸菌感染症とは

  • 大腸菌は生活環境にありふれた細菌ですが、大腸菌のなかでも毒素を産生して、出血を伴う腸炎、血便、下痢等を引き起こす細菌が腸管出血性大腸菌です。
  • 血清型は約200種がありますが、国内ではO157、O26、O111が多くを占めます。
  • 重症化すると溶血性尿毒症症候群(HUS)に陥り、腎臓や脳などに後遺症を残すこともあります。
  • 衛生状況の悪い海外の食事で感染する危険性は国内よりも高くなります。
  • 病原体:腸管出血性大腸菌 Entero-hemorrhagic E. coli ; EHEC
  • 潜伏期間:2日から7日(一般的な感染症より潜伏期間が長い可能性があります)と長く、原因食品、感染源が特定されにくいのが特徴です。
  • 感染症分類:三類感染症(診断した医師は直ちに最寄の保健所に届出が必要)
  • 腸管出血性大腸菌の電子顕微鏡写真(外部サイトへリンク)
  • 【リーフレット】腸管出血性大腸菌の予防_長崎県[PDFファイル/1MB]

主な症状

  • 下痢、血便、腹痛、発熱、吐き気 
  • 水様性下痢から粘血便、鮮血に近い便が認められます。
  • 腹痛、吐き気、嘔吐もみられます。
  • 合併症として溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症することがあります。

注意する時期と年齢層

  • 大腸菌は暑くなるとともに増殖スピードが速まるため、夏場は特に発生リスクが高まります。
  • 乳幼児の集団生活の場においては、オムツや乳幼児同士の接触距離が近いため、特に注意が必要です。
  • 乳幼児に次いで高齢者が発症リスクが高い感染症です。
  • 下痢症状がある乳幼児の対応、高齢者のオムツケアは特に注意が必要です。
  • 感染源は、様々ありますが加熱不十分な肉類、未消毒の井戸水、漬物、不衛生な生野菜等があります。

 感染経路

  • 菌に汚染された飲食物を食べることや、保菌者の便で汚染された場所に触れた手指を介して、口から菌が入ることで感染します。
  • 腸管出血性大腸菌は、わずか50個程度でヒトを発症させるため、二次感染を起こしやすい。

予防と治療

  • 調理や食事の前、トイレ・オムツ交換の後は、石鹸で手洗いする。
    手洗いの手順 (社)日本食品衛生協会[PDFファイル/571KB]
  • 肉、魚、野菜などの食品は、十分に加熱調理する。中心部まで十分に加熱(75℃、1分以上)。
  • 生肉を扱ったハシで、他の食品を扱わない。焼肉はトングで加熱し、焼けた肉はハシでつかむ。
  • サラダ等の生野菜や調理品は、すぐに食べる。
  • 調理品は冷蔵保管し、再加熱して食べる。
  • 台所、まな板、包丁などは熱水消毒する
  • 家庭内であってもタオルは共用しない。
  • 不衛生なドアノブは消毒用エタノールで消毒する。
  • 治療は下痢に対して整腸剤や抗菌剤が処方される。
  • 下痢症状が見られる場合は入浴を控えるか、シャワー浴または最後に入浴する。
  • 下痢症状がある場合は、プールや共同浴場の利用は控える。
  • 血便に気づいたら直ぐに受診。
  • 自己判断で下痢止めを飲まない。
  • 腸管出血性大腸菌のまん延防止のために、保健所は接触者に健康診断を行います。

参考リンク

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-824-1111
  • ファクシミリ:095-895-2573
先頭に戻る

メニュー