新型コロナウイルス感染症の療養証明書について

このページを印刷する

宿泊・自宅療養証明書の発行について

宿泊療養又は自宅療養となった方が保険会社の給付金等の請求に必要な証明書(以下、「療養証明書」という。)の発行方法は下記のとおりです。なお、医療従事者等の方々の事務負担を考慮し、現在、各生命保険会社等において、入院給付金の請求にあたり、療養証明書の添付を不要とする事務手続きの検討を行っています。

療養証明書以外に新型コロナウイルスに罹患したことが確認できる代替書類として利用可能性のある書類例

既にお持ちの書類で入院給付金の請求ができる場合もありますので、一度加入している保険会社等へご相談ください。

  • MyHER-SYSの証明
  • 医療機関等で実施されたPCR検査や抗原検査の結果が分かるもの
  • 診療明細書(医学管理料に「二類感染症患者入院診療加算」(外来診療・診療報酬上臨時的取扱を含む)が記載されたもの)
  • コロナ治療薬が記載された処方箋・服用説明書
  • 自治体が設置している健康フォローアップセンターの受付結果(SMS・LINE等)
  • 保健所と陽性者がやりとりしたメールの写し
  • 保健所から陽性者に出された案内文(健康観察や生活支援の留意点などが記載)
  • PCR検査や抗原検査を実施する検査センター(医療機関以外でも可)の検査結果(市販の検査キットは除く)など

HER-SYS(新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム)

【対象者】

  • 検査を実施し医師から感染者と診断され、MyHER-SYSにログインが可能な方
  • 宿泊療養又は自宅療療養の期間が10日以内の方

HER-SYSでの療養証明の表示方法[PDFファイル/654KB]

新型コロナウイルス感染症と診断を受けた医療機関

【対象者】

  • 医療機関で新型コロナウイルス感染症と診断された方
  • 医療機関でみなし陽性と診断された方

※発行方法については、医療機関で異なりますので診断を受けた医療機関へお問い合わせください。

県庁(感染症対策室)

【対象】

  • 陽性者判断センターで登録された方

    ※医療機関等で診断を受けた方は県庁への申請できません。

申請方法

療養期間終了後に、長崎県感染症対策室宛に返信用封筒を同封のうえ必要書類を郵送してください。

送付先

〒850-8570

長崎県長崎市尾上町3-1 長崎県感染症対策室 感染症対策班 宛

※療養開始日は新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の診断日です。発症日ではありませんのでご注意ください。

※証明書の発行までには、2週間程度かかる場合があります。また、申請状況により更にお時間をいただく場合もございます。

必要書類
1.「宿泊・自宅療養証明書」の発行申請書

新型コロナウイルス感染症宿泊・自宅療養証明書発行申請書[PDFファイル/82KB]

新型コロナウイルス感染症宿泊・自宅療養証明書発行申請書[Wordファイル/36KB]

※証明手数料として、400円分の収入証紙を貼付してください。長崎県証紙売りさばき人の指定(一覧)

※申請者と証明を要するものが異なる場合は、本人からの委任状及び委任者の本人確認ができる書類の写しが必要です。

委任状[PDFファイル/44KB]

委任状[Wordファイル/33KB]

2.本人確認書類

健康保険証、免許証、顔写真付きのマイナンバーカードのいずれか1点の写し

3.返信用封筒

84円切手を貼付し、返信先の住所と宛名を記入してください。

参考 

厚生労働省 事務連絡

040901新型コロナウイルス感染症に係る発生届の限定(緊急避難措置)の概要及び必要な手続き等について[PDFファイル/1MB]

040427宿泊療養又は自宅療養を証明する書類について[PDFファイル/142KB]

(別添様式)宿泊・自宅療養証明書[PDFファイル/74KB]

一般社団法人生命保険協会

新型コロナウイルス感染症による宿泊施設・自宅療養者に係る療養証明書の取扱い等について(一般社団法人生命保険協会ホームページ)


ご不明な点等ございましたら、各保健所までご相談ください。

 

このページの掲載元

  • 感染症対策室
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎市尾上町3-1
  • 電話番号 095-895-2466
  • ファックス番号 095-895-2573