長崎県

N-CHAT(健康管理アプリ)

・組織や集団でひとたび新型コロナウイルスの陽性者が発生すると、感染が拡大し、集団感染(クラスター)につながる事例が多くみられます。

・こうした事態をできるだけ予防するため、企業などで従業員等の体調を把握できる「健康管理アプリ」(愛称は「N-CHAT」(エヌチャット))を、企業や各種団体の皆さま、介護施設や障害者施設にご提供します。

・「N-CHAT」では、毎日の体温や体調をスマートフォンからチャット形式で手軽に入力できます。組織の健康管理者は、従業員等が入力した結果を一覧形式やグラフで確認でき、全体の傾向が「見える化」できます。

・県では、既に保健所において、濃厚接触者や接触者の方の日々の健康観察に利用しています。また、4月に発生したクルーズ船における感染者の集団発生事案においても、船室で療養する船員の健康状況の把握に利用いたしました。

導入効果

・集団における体調変化の傾向が「見える化」
・体調に異変がある者について、早期の声かけ(確認)が可能
・組織における健康管理の効率化(紙等で記入していたものをデータ化)

組織の健康管理部門におけるツールとしてご活用ください。

・申込みは団体の種別ごとに下記のフォームから受付ます。県で内容を審査後、登録いただいたアドレス(介護・障害者施設等の場合は文書にて)に専用の管理IDなどをお知らせいたします。

企業や医療機関、各種団体など

介護施設等

障害者施設等

質問や使い方

動画(youtube)による解説

コンセプトムービー

申込み方法編

担当者インタビュー

健康情報入力編

FAQ編

統計画面編

一覧画面編

最新情報

リリース後、以下の機能が追加されています。

・統計グラフについては画面の印刷ができますが、A3横向きのレイアウトで印刷可能です(参考資料[PDFファイル/1MB]

・管理画面の対応ブラウザと入力画面の対応ブラウザの資料です→対応ブラウザ[PDFファイル/242KB]

・これまで、CSVによるデータ抽出ダウンロードは、管理ID単位でしかできませんでしたが、団体番号別に抽出ダウンロードできるようになりました(参考資料[PDFファイル/509KB])。

・過去8日間の有症状者の割合、人数等との比較で、管理者にアラート通知を行いますが、この基準の変更が団体番号ごとに可能となりました(参考資料[PDFファイル/368KB])

・利用者がホーム画面に追加するときの操作方法をお知らせします(参考資料[PDFファイル/1MB])

・英語版の提供が可能です。
・アラート通知先メールアドレスの複数設定や、団体番号ごとの設定が可能になりました。
(上記については、「n-chat@pref.nagasaki.lg.jp」へ連絡をお願いします。)

参考資料

8月25日に記者発表をさせていただいたときの資料(9月9日更新)です。

健康管理アプリについて[PDFファイル/1MB]

使い方の動画(動画サイトyoutubeでの閲覧となります)

入力画面編

管理画面編

入力画面のデモは下記のアドレスをクリックすると体験できます。パソコンでもスマートフォンでも入力できます。
団体番号は「00123456789」を入力してください。

入力画面(デモ)

なお、QRコードは下記のとおりです。

お問い合わせは県の福祉保健課専用メールアドレス n-chat@pref.nagasaki.lg.jp へお願いします。

 

画面のイメージ

・入力はスマートフォンやパソコンから行います。

・組織の健康管理部門が全体を管理します。一覧で確認できるほか、全体の状況をグラフで確認できます。

このページの掲載元

  • 福祉保健課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2410
  • ファクシミリ:095-895-2570
先頭に戻る

メニュー