長崎県

クルーズ船「コスタ・アトランチカ号」における新型コロナウイルス感染症クラスター発生事案検証報告書

 長崎市の三菱重工長崎造船所香焼工場に停泊中のクルーズ船「コスタ・アトランチカ号」から、令和2年4月20日に新型コロナウイルス感染者が確認されて以来、船内の感染拡大防止や医療の提供、乗組員の帰国支援、何よりも市中への感染を防止するため、国や長崎大学、関係機関のご指導、ご支援をいただきながら、事態の終息に向けて市と一体となって取り組んでまいりました。
 この報告書は当時の感染症を踏まえたクルーズ船受入判断基準がない中、受入後に船内で発生した大規模クラスターにおける、国・県・市・長崎大学・事業者・医療関係者などが連携して感染症対策を行った記録であり、対処に当たっての地域医療体制の整備など、多くの課題を整理・検証し、今後のクルーズ船の誘致・受入等に向けた「長崎モデル」として活用するためにとりまとめたものです。

このページの掲載元

  • 福祉保健課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2410
  • ファクシミリ:095-895-2570
先頭に戻る

メニュー