長崎県

新型コロナウイルス感染症とは

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。

感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。

特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、これまでの集団感染事例から次のような場所は注意が必要です。

 【集団感染した事例の共通点】
  ・換気が悪い
  ・人が密に集まって過ごすような空間
  ・不特定多数が接触するおそれが高い場所

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために(令和2年3月1日版)[[PDFファイル/556KB]

  • 飛沫感染
    感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、
    他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
  • 接触感染
    感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。
    他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

※コロナウイルスとは
   これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルスです。 このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

詳細は以下のページを参照ください。
厚生労働省ホームページ:「新型コロナウイルス感染症について」(外部サイトへリンク)

電話相談窓口(厚生労働省)

  • 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
  • 受付時間 9時00分から21時00分まで(土曜日・日曜日・祝日も実施)

咳エチケットとは

  • 咳・くしゃみが出たら、他の人にうつさないためにマスクを着用する。マスクをもっていない場合は、ハンカチ、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1メートル以上離れる。
  • 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗う。
  • 咳をしている人にマスクの着用をお願いする。

詳細は以下のページを参照ください。 
咳エチケット(厚生労働省)(外部サイトへリンク)
マスクがないときの考え方[PDFファイル/475KB]

 

 

 

このページの掲載元

  • 福祉保健課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2410
  • ファクシミリ:095-895-2570
先頭に戻る

メニュー