長崎県

骨髄ドナー休暇制度導入についてご協力をお願いします


2019年10月16日更新

「骨髄ドナー休暇制度」とは

骨髄ドナー休暇制度とは、骨髄・末梢血幹細胞提供に要する期間、通常の年次有給休暇等とは別の特別休暇を取り扱うことで、社員がドナーになった際の就業上の負担を軽減する制度のことです。

骨髄・末梢血幹細胞移植の現状

骨髄・末梢血幹細胞移植は、白血病などの血液の病気を根治するため有効とされている治療法ですが、移植するためには、患者さんと提供してくれる方(ドナー)のHLA型といわれる白血球の型を合わせる必要があります(HLA型が一致する確率は兄弟姉妹間で4分の1ですが、非血縁者(他人)間では、数百から数万分の1の確率でしか一致しません)。

日本では毎年新たに約1万人の方が白血病などの血液の病気を発症し、そのうち骨髄バンクを介する移植を必要とする患者さんは、毎年2,000人以上です。

多くの患者さんは、自分に適合するドナー候補者を見つけることができますが、患者さんに選ばれたドナー候補者の6割は、ご自身の理由で提供を辞退しています。辞退した理由の中で多いものとして、「仕事への影響があるため」「仕事の都合がつかなかっため」が挙げられます。

ドナーは提供に関して、4回から6回の外来受診と、骨髄提供の場合は4日程度の入院、末梢血幹細胞提供の場合は7日程度の入院が必要になります。長期の休暇が必要になることから、仕事への影響を懸念されて、提供を辞退されています。

 ドナーが骨髄や末梢血幹細胞を提供しやすい環境づくりへの取組み

一部の企業、団体及び官公庁においては、このドナー登録及び骨髄、末梢血幹細胞の提供に要する期間を対象に特別休暇(ドナー休暇制度)を設けています。

社員の就業上の負担を軽減するため、ドナー休暇制度の整備についてご検討をお願いします。

ドナー休暇制度導入企業・団体については、日本骨髄バンク公式ホームページ(外部サイトへのリンク)のホームページをご覧ください。

このページの掲載元

  • 薬務行政室
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2469
  • ファクシミリ:095-895-2574
先頭に戻る

メニュー