長崎県

骨髄ドナー登録


2019年10月7日更新

「骨髄移植」とはどのようなものですか。

骨の中心部にある造血組織を骨髄といいますが、白血病や再生不良性貧血など血液の重い病気にかかると、骨髄で正常な血液を造り出せないために貧血や免疫不全などがおこります。

骨髄移植は、この病気におかされた造血幹細胞(血液を造る元となる細胞)を、ドナーの方の健康な造血幹細胞と置き換える治療法です。

日本では毎年約1万人の方が白血病などの血液疾患を発症しています。そのうち骨髄バンクを介する移植を必要とする患者さんは約2,000人以上です。

しかし、骨髄移植を成功させるためには、患者さんと骨髄を提供してくださるドナーの白血球の型、すなわちHLAという型を一致させる必要がありますが、HLA型が一致する確率は兄弟姉妹で4人に1人、それ以外では数百人から数万人に1人とまれなため、骨髄移植を受けられない患者さんが少なくありません。そこで、できるだけ多くの患者さんが骨髄移植の機会を得られるよう、活動が行われています。

誰でもドナー登録できるのですか。

骨髄バンクにドナー登録していただくには、次の条件を満たす必要があります。  また、一度ドナー登録されても、年齢が55歳を超えたり、その時の健康状態によっては、骨髄の提供ができなくなります。

  1. 骨髄提供の内容を十分に理解している方

  2. 年齢が18歳から54歳までの方(ただし、骨髄を提供できる年齢は20歳以上55歳以下です。)

  3. 体重が男性で45キログラム、女性で40キログラム以上の方

  4. 次の項目に該当していない方

  • 病気療養中または服薬中の方(特に気管支ぜんそく、肝臓病、腎臓病、糖尿病など、慢性疾患の方)
  • 以下の病歴がある方(悪性腫瘍(がん)、膠原病(慢性関節リウマチなど)、自己免疫疾患、先天性心疾患、心筋梗塞、狭心症、脳卒中)
  • 悪性高熱症の場合は、本人またはご家族に病歴がある方
  • 最高血圧が151以上または89以下の方、最低血圧が101以上の方
  • 輸血を受けたことがある方、貧血の方、血液の病気の方
  • ウイルス性肝炎、エイズ、梅毒、マラリアなどの感染症の病気の方
  • 食事や薬で呼吸困難や高度の発疹などの既往がある方
  • 過度の肥満の方(体重kg÷身長m÷身長mが30以上の方)

 骨髄ドナー登録は、どこで行うことができますか。

 骨髄ドナー登録受付の窓口としては、日本赤十字社の関係施設では、献血ルーム「はまのまち」、献血ルーム「西海」の2か所があります。その他、通常の献血バスによる献血と併行して行う「骨髄ドナー登録会」を実施しています。

また、県立保健所でも受付を行っていますが、詳しくは「骨髄ドナー登録受付窓口」をご覧ください。

骨髄ドナー登録受付窓口(H30年4月1日現在)[PDFファイル/11KB]

骨髄ドナー登録者数と骨髄移植数(令和元年8月末現在)【速報値】

区分 骨髄ドナー登録者数 骨髄移植者数(累計)
長崎県内 7,473人 155人
全国 521,127人 23,540人

骨髄ドナー登録に関する問い合わせ先

公益財団法人日本骨髄バンク

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3丁目19番地 廣瀬第2ビル7階

電話:03-5280-1789 ファクシミリ:03-5280-0101

詳しくは、日本骨髄バンク公式ホームページ(外部サイトへ移動します)をご覧ください。

 長崎県骨髄データセンター (長崎県赤十字血液センター)

電話:095-843-3331

長崎県福祉保健部薬務行政室

 電話:095-895-2469

このページの掲載元

  • 薬務行政室
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2469
  • ファクシミリ:095-895-2574
先頭に戻る

メニュー