長崎県

医学修学資金貸与制度

長崎県では、離島の医師確保対策の一環として昭和45年から「長崎県医学修学資金」貸与制度を創設し、毎年4~6名程度に貸与しています。制度の概要は次のとおりです。

大学医学部入学者及び在学者の方の中から、離島へき地医療に進んで従事していただける方を選考し、入学金、授業料、生活費等を貸与します。
例年、募集は4月~6月頃、選考は7月頃、合格発表は8月頃です。
貸与額は、

  • 入学金及び授業料(国立大学の標準額の1.1倍が貸与限度額)
  • 専門課程における学習図書購入費(年20万円)
  • 勉学生活費(月額7万円以内)

です。
貸付利率は、14.5%です。
医師免許取得後の一定期間(貸与期間の1.5倍、専門課程からの貸与者は1倍)長崎県病院企業団等に勤務していただき、その期間の2分の1以上を離島に勤務した場合は、貸与金(利息を含む)の返還を免除します。

このページの掲載元

  • 医療人材対策室
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2421
  • ファクシミリ:095-895-2573
先頭に戻る

メニュー