長崎県

脳卒中センターの認定について


2013年8月13日更新

 【認定の目的】

 脳卒中は、脳血管が詰まったり、破れて出血したりして脳にダメージを与える疾病であり、高い死亡率と、生涯にわたる重い障害を残す可能性の高い疾病です。発症直後の対応が重要であり、速やかに専門的な診断・治療ができる医療機関へ搬送する必要があります。そのため、脳卒中を疑われる患者の搬送先として、救急隊員、医療関係者、県民の皆様が適切に素早く選択できるようにするため、急性期の脳卒中医療に対応できる医療機関を脳卒中センターとして認定しました。

【脳卒中センターの機能】

   ○地域脳卒中センター

     ・脳卒中患者の常時受入が可能であること

     ・専門の検査、診断、治療が可能であること

     ・専門の医師、コメディカルが配置されていること

     ・急性期リハビリテーションを行っていること など

   ○高次脳卒中センター(地域脳卒中センターのバックアップが行える医療機関)

     ・高度な治療が可能であること

     ・重症合併症を有する患者の受け入れが可能であること など

★脳卒中センター[PDFファイル/15KB]

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 住所:長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-824-1111
  • ファクシミリ:095-895-2573
先頭に戻る

メニュー