小児・AYA世代のがん

小児・AYA世代のがん

AYA世代とは、思春期(Adolescents)と、若年成人(Young adults)をさします。
それぞれの頭文字をとってAYA世代と呼び、日本では15歳から39歳までと定義されています。

 

各世代の特徴は

思春期は、
・就学期にあたり、精神的・社会的自立に向けた発達段階。
・経済的自立が難しく、意思決定の主体は親になりがち。
・性的にも発達途上。

若年成人は、
・就労期にあたり、精神的・経済的に自立し始めます。
・意思決定は本人。次世代を生み育て、社会を支える世代。

同じ年齢であっても、自立の度合い、家庭環境、就学・就労・経済的状況やライフプランに個人差があるようです。

がん治療と妊孕性(にんようせい)

妊孕性とは妊娠する力のことで、がん治療により妊孕性が損なわれ、妊娠が難しくなる場合があります。

治療前に生殖機能を凍結保存し、治療後、妊娠することを妊孕性温存療法といい、本県でも妊孕性温存療法に対する助成制度の創設に向け、現在、準備を進めています。(制度創設後、このサイトに詳しい制度内容を掲載いたします。)

妊孕性温存やご相談の窓口は、こちらのリーフレットをご覧ください。

 


 

 

 

 

 

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-824-1111
  • ファックス番号 095-895-2573